2011-11-13 02:17 | カテゴリ:大阪マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

風邪が完全にぶり返しました^^;

今日は、ほぼ1日寝て過ごしました。
もちろん走れていません。

奈良マラソンまで1か月を切って、いろいろやっておきたいことはあるんですけどね。

明日は走れるかなぁ…。

夜には、風邪退治のためににんにくを摂取(笑)
家族で王将に行ってきました。
王将餃子



さて、長く続いた大阪マラソンの詳細レポも終わったので、昨夜の前記事でも書いたとおり、今回の大撃沈の原因分析と対策について少し。

まずは直接の原因になった脚の攣り。
これは原因が今ひとつわからないんですよね。

考えられるのはふたつ。
電解質不足と距離への耐性。

僕は走るようになってから、毎日バナナを食べています。
練習で脚が攣ったこともないので、電解質不足というのは考えにくいんですけどね…。

とは言え、何も対策しないというのもどうかと思うので、こんなものを買ってみました。


僕は走りながらアメを食べるのが苦手なんですよ。
なので、ラムネ感覚で摂取できるのはありがたいです。
あと、個包装になっているところも気に入っています。
レース中に携帯しやすいですからね。

そして一番の決め手は、水を飲まなくても大丈夫なところ。
塩サプリは、水を一緒に摂らないといけないものが結構あって、そうなると給水のタイミングで摂らないといけなくなるので、面倒だなぁと思ってたんですよ。

奈良マラソンでは、これをこまめに摂りたいと思っています。

距離への耐性については、前から考えていたことではあるんですよね。

例えば30km走。
最初にやったときは、ホントにしんどかったんですが、回を重ねるごとに楽になっていきました。
フルマラソンを走るなら、40km走をやったほうがいいんじゃないのか?

とは言え、練習で40kmを走るリスクというのも理解しているので、どうしたもんかと。

奈良マラソンまでは1か月しかないので、当面は様子見。
奈良マラソンの結果で、40km走を取り入れるかどうかを考えようと思います。

でも、スタミナアップというのは課題と思うので、LSDやロング走を多めにやりたいと思っています。

それから、直接の原因ではないものの、僕が大きかったと思うことがあります。
それは、過信と慢心。

大阪マラソン前、みなさんから「サブフォーは間違いなし」というコメントを多くいただきました。
そして、僕自身もそう思っていました。

レース前日も当日も、全く緊張しなかったんですが、それも達成できると思ってたからなんでしょうね。

過信と慢心から、フルマラソンを舐めていた部分があったのかなと、今は思います。
補給など、充分な準備ができなかったのも、そのせいなんでしょうね。

たぶんレース中も、アドレナリンは出ていなかったと思います。
やっぱり、ちょっとぐらいは緊張感があったほうが、普段よりチカラを出せたりするもんでしょ?

次の奈良マラソン、再びサブフォーを目指す訳なんですが、かなりアップダウンのあるコースで、正直厳しいかなと思っています。
でも、そう思っているだけに、準備もちゃんとやるでしょうし、適度な緊張もするんじゃないかと。

ま、過信してレースに臨むことにはならないと思います。

補給についてはもうひとつ。
これは、持って走ったというブログの記事を多く見かけたので、僕も使ってみます。


とまぁ、こんなところですね。

大阪マラソンの失敗を、次に活かせるか。
やるしかないですね。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)
2011-11-12 00:28 | カテゴリ:大阪マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

うーん…。
風邪がぶり返したかなぁ。
夜になってから、鼻水がすごいです。

昼間も多少はあったんですが、夜になって悪化してる様子。

寒さもあるので、今夜のランは休みました。
土日は天気が良さそうなので、昼間の暖かいうちに走るようにします。

幸い週末なので、今夜は睡眠時間をたっぷり確保して、風邪退治に努めます。


大阪マラソン詳細レポは、今夜が最終回。
結局、10回も書いてしまいましたね(苦笑)

いつものように、アレスで取った地図データです(クリックで拡大します)。
MAP20111030.jpg

現在位置は40kmすぎ。
間もなくフィニッシュです。

では、どうぞ。



40kmすぎ。
あと2km。

脚に不安はあったが、最後まで歩くのはイヤだった。
恐る恐る、走り始める。

しばらく歩いたからか、脚は攣らない。
最後までもってくれるといいが…。

攣りはしないものの、脚が痛くない訳ではない。
まともなフォームでは走れていない。

徐々に、沿道の応援が増えてくる。
フィニッシュは近そうだ。

そして、最後の左折。
曲がったところに、ミズノのビルがある。
その壁に、大きな垂れ幕があった。
ハンマー投げの室伏選手の写真が入った垂れ幕には、こんな言葉が。

「完走おめでとう。
すべてのランナーに金メダルを。」

これが初マラソンだったら、僕もサブフォーを達成できていたら、ぐっときただろうなと思う。

そしてフィニッシュ。
喜びはなかった。
サブフォーを達成できなかった悔しさで、うなだれたままフィニッシュラインを越えた。

大阪マラソンは、僕にとって3回目のフルマラソンだったが、今までで一番辛いレースになった。

その後、ボランティアスタッフから、完走メダル、完走タオル、給水、給食を貰う。

無償なのに、「お疲れさまでした」「完走おめでとうございます」と笑顔で接してくれるボランティアスタッフには頭が下がる。
僕もせめて気持ちだけはと、「ありがとう」と笑顔で返した。

給食の中では、最後に貰ったちっちゃなあんパンが、ものすごく旨かった。
これから、レースのときにはあんパンを買っておこうと思う。

預けていた荷物を受け取り、着替えスペースへ。
荷物の受け取りも、そんなに待たずにスムーズだった。

第1回大会としては、大阪マラソンはうまく回ったと思っている。
僕の知る限り、大きなトラブルもなかった。

3万人規模の大会が、これだけうまくいったのは、主催者、スタッフ、ボランティアのみなさんの努力のおかげだと思う。
この場を借りて、お礼申し上げたい。
本当にありがとうございました。

着替えスペースでiPhoneを取り出す。
すごい数の、電話とメールの着信履歴があった。

コールバックやリプライをしたが、全てに返事できたのか、自信がない。
もし、洩れた方がいらっしゃったら、ごめんなさい。

その後、ようやく着替え。
持っていったエアサロンパスを、脚にたっぷりかけた。

そしてようやく、家族の元へ。

聞いたところによると、電車もすごく混んでいて、36km地点からフィニッシュ地点までの移動も大変だったらしい。
改めて、応援に感謝する。

外に出ると、結構な雨。
僕が走っているときは、ここまでは降らなかった。
しかし、まだ走っているランナーもいる。

「もう少し。頑張れ」

そう思いながら、僕は帰路についた。



大阪マラソンの詳細レポは、これで終わりです。
最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

ここまで振り返ったので、今回の大撃沈について、原因分析と対策を考えておくべきと思っています。
今回の失敗から何かを学ばないと、今回の失敗を次に活かさないと、走った意味がなくなると思うんですよね。

明日は、そのあたりを少し書いてみようかと思っています。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(18) | トラックバック(0)
2011-11-11 00:14 | カテゴリ:大阪マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

今夜は走ってきました。
大阪マラソン後の休養期間をようやく終え、ラン再開です^^

昨夜の前記事では、今夜は休んで金曜日から再開と言ってたんですが…。

天気予報が変わって、帰宅時に降っていなかったこと。
昨夜の前記事を書いて悔しさを思い出し、いつまでも休んでないで走りたいという気持ちになったこと。

このふたつの理由で、走ることにしました。

10日も休んでいて久しぶりのランなので、今夜は10kmを軽めにジョグのつもりでスタート。
途中、少し雨に降られたんですが、気になるほどではなかったです。

最初の3kmほどは、ホント苦しかったです。
やめたくなるぐらいにキツかった(苦笑)

それでも、徐々に調子が上がってきて、気づけばスイッチが入ったようで、後半はすっ飛ばしてました(笑)

うーん…。
休み明けなのに、ちょっと負荷かけすぎたなぁ。

では、ラップです。
LAP20111110.jpg

最後の1.5kmはダウンジョグですが、中盤から9kmまで、きれいにビルドアップしてますね。
そんなつもりはなかったんですが…。

本日のRUN 10.5km 56分00秒
         5分20秒/km 11.3km/h 消費662kcal

明日も走るつもりですが、明日こそジョグします。


大阪マラソンの詳細レポは、今夜が9回目。
いよいよ大詰めです。

いつものように、アレスで取った地図データです(クリックで拡大します)。
MAP20111030.jpg

現在位置は35kmすぎ。
ニュートラムの平林駅と南港口駅の間あたりを、家族を探しながら南港大橋方面に向かっているところです。

では、どうぞ。



35kmすぎ。
沿道に家族の姿を探しながら走る。

引き続き、脚は何度も攣っている。
その度に止まってストレッチ。

36kmすぎ。
南港東駅付近で、沿道の娘を発見。
走りながら、歩道側に向かっていく。

応援ボードを掲げながら、僕を探している様子の娘。
顔を見ただけで、どんなに心配してくれているかが伝わってきた。

僕が近づく。
ようやく娘が僕に気づく。
娘の顔が、ぱっと明るくなる。
娘「おっとー!」

娘の声に、携帯をいじっていた(ランナーアップデートを確認していた)嫁も気づく。
娘と、嫁と、ハイタッチをして走り去っていく。

実はこのとき、僕は心の中で祈っていた。
『せめて、家族の前では、脚が攣らないように』と。

娘には、無様な姿を見せたくなかった。
娘の前では、「カッコいいお父さん」でいたかった。

背中から、娘の声が聞こえる。
娘「おっとー!頑張れー!!」

僕は振り向かず、右手を挙げて応えた。
内心では、『もう少しもってくれ』と祈っていた。

幸い、家族のいた場所の少し先で右折して、南港大橋に向かっていくコースになっていた。
そこを右折して、少し行ったところで脚が攣る。
なんとかもった。

サブフォーが消えて、家族とも会って、前方に見えるのは南港大橋のアップダウン。
ここで、僕の気持ちは一度切れてしまった。
気持ちが切れなければ、自己ベストは更新できたかも知れないと、今になって思う。

とぼとぼと歩く。
今回も、「完走」できなかった。

多くのランナーが歩く南港大橋を見ながら、大阪マラソンの前々日には「南港大橋の下りを利用してラストスパート」なんて言ってたなと思い出す。

歩いて、なんとか南港大橋を上りきった。
下りを利用して、走り始めようと試みる。

しかし、数歩で脚が攣る。
歩いていると攣らないのだが…。

結局、40km付近までほとんど歩いてしまった。

40kmのタイムは…(35kmまでは再掲)。
大阪マラソン40kmタイム

この5kmは10分37秒/kmペース。
普段歩くペースより、遥かに遅いはず。

残り2km。
せめて2kmぐらいは、走って終えたいと思う。
僕は再び、走り出せたのか?

次回、最終回です。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(8) | トラックバック(0)
2011-11-10 00:01 | カテゴリ:大阪マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

風邪はピークを越えたものの、まだすっきりしない感じ。
ここで無理をしても仕方ないので、今日もラン再開はお預け。
明日は午後から雨予報なので、明日まで休もうと思っています。

明日までに体調を戻して、金曜日にはラン再開といきたいところ。
大阪マラソンが終わってから、全く走ってないんですよね。
奈良マラソンも近づいてきたので、そろそろ走らないとマズいです。

と、まぁ、走らない言い訳はこれぐらいにして(笑)


大阪マラソンの詳細レポは、今夜が8回目。
こちらも、そろそろケリをつけたいところ。

今日、終わらせるのは無理な気がしますが、2~3日中には終われるようにしますね。

もう少しなので、おつきあいいただけると嬉しいです^^

いつものように、アレスで取った地図データを(クリックで拡大します)。
MAP20111030.jpg

現在位置は33kmすぎ。
住之江公園前の交差点を右折し、ニュートラム沿いに西に向かい始めたところです。

では、どうぞ。



33kmすぎ。
残りは約9km。

たった9kmだが、ここからの9kmは長い。
しかし、走らなければサブフォーは獲れない。

沿道の声援にも後押しされ、フィニッシュラインを目指す。

そのとき…。

!!!!!!

走りながら、僕の脚が攣った。
なんでここで!?

この道は、右側が歩道に面しているため、観客で埋まっている。
左側は中央分離帯。

さすがに、大勢の観客の前には行けないので、道の左端に寄る。

立ち止まってストレッチ。

どちらの脚が攣ったのか、どこが攣ったのか、全く記憶がない。
しかし、脚(足?)が攣ってものすごく痛かったことは事実。

ストレッチで治まったので、再び走り始める。
しかし、少し走っただけですぐに脚が攣る。

ここからは、少し走っては脚が攣り、立ち止まってストレッチの繰り返し。
思うように動かない自分の脚がもどかしい。

前に進みたい気持ちはあるのだが、脚がついてこない。
もうサブフォーは無理なのか?

34kmすぎ。
あるランナーの背中に、ストレッチをしていた僕の目は吸い寄せられた。

「あせをかけ」

kantokuさんだった。
スタート前に、握手をして健闘を誓い合った。
ゴールで会いましょうと約束した。
僕よりうしろのブロックから走り始めたkantokuさんが、僕を抜いていく。

あかん!ついて行かな!!
置いて行かれる訳にはいかない。

そう思い、kantokuさんを追って走り出す。

だが、また脚が攣る。

思わず大きな声が出た。

「あーーーっ!くそーーっ!!」

kantokuさんの背中が、僕の視界から消えた…。

サブフォーは無理だなと思ったのは、この瞬間だった。
悔しくて、情けなくて、泣けてくる。

この感情は、うまく説明できない。
今、思い出しても泣けてくる。

「不運」だと言ってくれる人もいるかもしれない。
でも、これも僕の実力だ。
このあたり、反省点として最後に触れようと思う。

それでも、僕は少しずつ前に進んだ。
この先には、家族が待っている。
少しでも早く行かなければ、心配しているに違いない。

僕はレースの度に家族に心配をかけているなと、こんな状況なのに、そんなことを考えていた。

34kmと35kmの中間あたり。
Team☆Mエイドを発見。
ブログで見た写真そのままのMasahikoさんを見て、あーっ!と思う。
みなさん、アツい応援をしてくださっていた。
ありがとうございました^^

しかし、中央分離帯寄りを走っていた僕はご挨拶できず…。
これは残念だった。

35kmのタイムは…(30kmまでは再掲)。
大阪マラソン35kmタイム

この5kmは7分28秒/kmペース。
何度も立ち止まっているので、とんでもないペースになっている。

このあとも、何度も脚が攣った。
その度に、立ち止まってストレッチ。
そうやって、少しずつ前に進んで行く。
南港大橋までのどこかにいるはずの家族を探しながら。


今日は2kmしか進めなかった(苦笑)

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(18) | トラックバック(0)
2011-11-09 00:01 | カテゴリ:大阪マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

昨夜は失礼しました。
前記事に対して、ご心配コメントいただきありがとうございます。

今朝が一番辛かったですね。
起きた瞬間、これは無理だなと(苦笑)

午前中休みますと連絡を入れて、睡眠時間を確保。
休めたら良かったんですが、午後からは僕メインの会議があったので、マスクをして昼から出社。
会議も含めてこなしてきました。

夕方に向けて、徐々に体調は回復。
大事を取って、トレーニングは今日も休みましたが、初期段階での風邪の封じ込めには成功した模様。
ホッとしました。


仕事の帰りには、先日の記事で書いたオークリーのノーズパッドを含む部品が届いたと連絡いただき、取りに行ってきました。

2~3週間かかるとのことだったんですが、1週間で届きました。
オークリー部品


それでは、大阪マラソン詳細レポです。
今夜は7回目。
いったいどこまでひっぱるつもりなんでしょうか?(笑)

今夜も、アレスで取った地図データを載せておきます(クリックで拡大します)。
MAP20111030.jpg

現在位置は25kmすぎ。
2度目の大国交差点をすぎたところです。

では、どうぞ。



(見ることはできなかったが)通天閣もすぎ、ここからは観光地を通ることもなく南港に向かっていくことになる。

体力もメンタルも辛くなってくるところで、見るものもないというのはどんな感じだろうと、走る前には思っていた。

でも、沿道からの応援は途切れることがなく、僕たちランナーを励ましてくれる。
ありがたい。

何度か曲がりながらも、住之江公園のほうに南下していくコース。

26kmすぎ。
2度目のパワージェル補給。

28kmすぎ。
そろそろ、歩き始めるランナーが目につくようになる。

内なる悪魔が囁く。
「走るのしんどいやろ?歩いたら?楽やで」

フルマラソンの終盤は、いつもそう。
疲れてくる中での、休みたい気持ちとの闘い。
メンタルが試される。
しかしこれが、フルマラソンの魅力でもある。

7月からの練習を思い出す。
あれだけ頑張ったのに、こんなところでやめるわけにいかない。
必ずサブフォーを獲る。
気持ちだけは負けないように、前へ、前へ。

30kmのタイムは…(25kmまでは再掲)。
大阪マラソン30kmタイム

この5kmは5分37秒/kmペース。
さらにペースが落ちた。
しかし、まだサブフォーは射程圏内。

そう言えば…。

僕はレース中、一度もトイレに行かなかった。
練習のときには、走り始めてすぐにトイレに行きたくなったり、お腹が痛くなったりしていたので、ちょっと心配していたのだが。
スタート地点の大阪城公園で、スタートブロックに向かう途中に行ったのが最後。
そのままゴール後までもった。

これは、レース2日前からのカフェイン&アルコール抜きが功を奏した結果と思う。

僕はトイレに行かなかったが、見た感じでは、大阪マラソンのトイレ事情は悪くなかったと思う。
コース上にも、かなり頻繁にトイレの表示があった。

住之江公園が近づくにつれ、沿道の応援が増えていく。

住之江公園の交差点を右折すると、33km地点。
そこで僕に起こったことは…。

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)