-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-11 00:01 | カテゴリ:篠山ABCマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

何度か書いてますが、日曜日は早起きして京都マラソンの応援。
先週、篠山に行ったときと同じ、始発の次の電車です。
今回は2時間前に起きたりはしないので、少しはゆっくり寝ますけどね。

ということで、今夜は予約投稿です。

明日は走れるかどうかわからないので、今日は走っています。
16時からの篠山マラソンのTV放送が観たかったので、午前中ラン。
TV放送のほうは、期待していたようなものではなかったので、わざわざ時間調整するほどでもなかったんですけどね(苦笑)

ラン再開2日目ということで、150分LSDを目処に。
普段、LSDは180分目処でやるようにしてるので、やや軽めです。

コースはこんな感じ。
MAP20120310.jpg

工事が多くて迂回させられましたが、法隆寺マラソンの後半コースを含めて走りました。

考えたコースが思っていたより長く、結果170分以上走ることに。
練習再開2日目のメニューにしては、ちょっとハードだったかな?

本日のRUN 26.6km 2時間52分54秒
         6分29秒/km 9.2km/h 消費1676kcal

ラップも載せておきます。
LAP20120310.jpg



さて、長く続けてきた篠山マラソンレポも、今夜が最終回。

昨夜の記事でフィニッシュしたので、その後のことを。
では、どうぞ。

完走メダルをもらったあと、ミネラルウォーターをもらう。
猪汁の振る舞いにはすごい行列。
とにかく寒くてガタガタ震えていたので、着替えることを優先して、猪汁は断念。
食べてみたかっただけに、少し残念。

まずは荷物を受け取りに行く。
脚は棒のようになっているが、歩いてる分には攣らない。

サブフォーを達成したんだなという気持ちが大きくなる。
本当に苦しかった最後の1kmを思い出し、何度も涙が出た。
あの激闘の結果が、良かったものであることにホッとする。
これで逃してたらと思うと…。
精神的に、しばらく立ち直れなかったかも知れない。

徐々に気持ちが落ち着いてきて、いろんなことを考える余裕が出てくる。

次に思ったのは感慨。
ずっと運動していなかった僕が、43歳で走り始め、2年後、45歳で、市民ランナーにとってひとつの節目であるサブフォーに届いた。
走り始めた頃は、いつかフルマラソンを完走することが目標だった。
この年になっても、成長することができた。
これは、走ることだけでなく、普段の生活にも影響を与えている。

脚が痛いので、雨の中をゆっくり歩いて、陣地がある市役所に向かう。
市役所前に、着替え終えたハンサムネコさんが。
「どうでした?」と訊いていただき、何とか間に合ったことを報告。
「おめでとうございます」と握手を求められる。
今、思うと、雨でぐっしょり濡れた手袋をしたまま握手してしまったはずで…。
ネコさん、すみません(苦笑)

市役所内の陣地には、着替え中のMasahikoさんと、着替え終えたぺこ@さん
おふたりとも、僕のぎりぎりでのサブフォー達成を喜んでくれた。

走った後、こうして結果報告できる相手がいるというのも、すごくいいなと思う。

興奮していた僕は、自分のことばかり話していて、ぺこ@さんの結果を訊くのを忘れかける(苦笑)
はっとそのことに気づき、慌てて訊いてみると、「いけました」と^^
初めてサブスリーランナーと言葉を交わした(笑)

僕が戻った時点で走り終えていた人の結果は…。
ぺこ@さん…目標のサブスリー達成
ハンサムネコさん…スティッチベストのサブ3.5達成
ゆるりんさん…目標届かずも、PBの3時間40分切り
Masahikoさん…目標のサブフォー達成

冷たい雨が降り続くコンディションの中、みんながこれだけ頑張れたのは、仲間の存在が大きいと思う。

着替えようとして、「あ!速報!」と思う。
寒いが、市役所の中は少し暖かいので、我慢して速報をうつ。

それから、家族に。
メールしようとして、間違えて電話をかけてしまう。
ま、いいか(笑)
嫁に、娘に、サブフォーを報告。
着替えたかったので、それだけ報告して電話を切った。

応援団長の井出浩一さんも戻ってきて、着替えながら談笑。

確か、僕が着替えている途中で、ハンサムネコさん、井出浩一さんは帰途に。

フルマラソン後はいつもそうだが、着替えが怖い。
着替えるときに、ちょっと無理な体勢になると、間違いなく攣る。
今回も、悶絶しながら着替えを終えた。

着替えながら、何度かチェックしたが、次々とブログに入るおめでとうコメント。
みんなが気にしてくれてたんだなと思い、また嬉しくなる。

着替え終えて気づくと、陣地には僕とMasahikoさんしかおらず、ふたりで外に出てみる。
美味しそうに缶コーヒーを飲むゆるりんさんが、ぺこ@さんと談笑していた。
サブフォーのお祝いを言っていただいた^^

みんなで談笑しながらも、ガッキーさんを心配。
足首の故障が再発したのか、収容バスか、猪汁喰ってるのか。
制限時間になっても戻ってこず、かなり心配した。

制限時間からしばらくして、完走メダルをかけたガッキーさんが帰還。
詳細は、ガッキーさんがレポされると思うので書かないが、かなりぎりぎりの闘いをされたようだ。
そんな状態でも完走した、ガッキーさんの根性に感動した。

時間は、午後4時を回っていて、僕もそろそろ帰らないといけない時間。
ものすごく名残惜しい。
ずっとみんなと話していられそうなのに…。

ひとりひとり、次に会うことが決まっている人とは、「じゃあ、次は○○で」と言い、今日の健闘をお互いに讃えあう。

そして僕は雨の中、ようやく傘をさして、会員バス乗り場へ。
バスに乗って、篠山を後にした。


レポはこれで終わりです。
なんかいい感じで、僕にしたら短く収まったじゃないですか(笑)

最後に、篠山マラソンスタッフのみなさん、篠山のみなさん、一緒に走ったランナーのみなさん、沿道で応援してくれたみなさん、そして、僕の大切な仲間たちと家族。
篠山マラソンに関わったすべての方に。

心から、ありがとう。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
スポンサーサイト
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)
2012-03-10 01:47 | カテゴリ:篠山ABCマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

すみません、遅くなりました。
仕事で帰宅が遅くなったんですが、予定どおり今夜から走っておきたかったので夜ランしてきました。

最寄駅に着いたときには雨は止んでいて、天気回復していく予報だったので、迷わず着替えたんですが、ストレッチして外に出てみると小雨が…。
でも、せっかく着替えたので、走ることに。

しばらく降り続いてたんですが、予定どおり約10km。
疲労の抜け具合を確認しながら、ゆっくり走りました。

疲労はいい感じで抜けたようなので、このまま練習再開します。

本日のRUN 10.8km 57分48秒
         5分21秒/km 11.2km/h 消費682kcal

ラップも。
LAP20120309.jpg



さて、篠山マラソンレポの5回目。

最初に宣言したように、長くならない良いペースで進んでますね^^

忘れないうちに書いておくと、日付変わって今日、3月10日(土)は、篠山マラソンのTV番組が放送されます。
たぶん、関西ローカルですけど。

ABCテレビで16:00~16:55

僕は、自分の練習時間をずらしてでも、観ようと思っています。

では、レポの続きを始めます。
現在地点は、32kmを過ぎたところ。
残りは10kmほどです。

そう言えば、今回は一度も地図を載せてませんね。
アレスで取ったデータを載せておきます。
折り返し点が、赤い線の右端になります。
MAP篠山2012

引き続きすれ違い区間。
折り返した僕は、今度は後ろから来る仲間を探す。

引き続き、脚攣りとの闘いも続いていた。
歩いているところは、あまり見られたくないので、脚が攣ったら端のほうを歩き、走れるときは中央付近を行く。

今回の脚攣りは、いたるところが攣った。
足指、足裏、ふくらはぎ、ふともも…。
これが単発できたり、複合できたり。

昨夜の記事にも書いたが、歩くのもままならないほどの攣りになると、痛くてストレッチできない。
ところが、無理矢理にでも歩いていると、徐々に痛みが治まることに気づいた。

ストレッチは止まらないとできないが、歩けば少しずつでも前に進む。
軽いのは無視。
酷いのがきたら、仕方ないので歩いて、治まったら走り出す。
ここからは、ずっとこんな感じになった。

とにかく、前へ前へ。

歩いているところで、Masahikoさんとすれ違う。
声をかけられなかった。

Masahikoさんも気づかなかったようだ。

しばらく走ると、今度はガッキーさんが。
このときは走っていたので、ハイタッチしてエール交換。

34km。
カフェイン入りショッツを投入。
35kmの予定だったが、30kmのNIを諦めたのと、歩いてるタイミングのほうが摂りやすいだろうと、開けることにした。
手は冷え切っていたので、端から歯で開封。
口に入れる。

あー、カフェインだなと思う味がした。
確かに、気持ちはシャキっとしたけど、カフェインで脚攣りが治る訳じゃないからね。
すごく効いたらどんな表現にするか、事前に用意してたのだが、これは次回以降に持ち越し。

35km。
この1kmのラップが、ついに7分になる。
そう、7分/kmだと間に合わない。

マズいと思い、少し頑張ってみる。
路面はいたるところに水たまりができ、すごく走りにくい。
何度か水たまりに脚を突っ込んでしまい、シューズの中は不快な状態。

このあたりだったかなぁ、Masahikoさんに抜かれたの。
サブフォーできるかできないかという、ぎりぎりの僕を置いて、余裕すら伺える走り。
部長のサブフォーは間違いないなと確信。

38km。
この1kmのラップは、5分55秒。
30km以降、唯一の6分切り。

6分/kmなら間に合う、7分/kmなら間に合わないのは変わらず。
しかし、39km、40kmのラップが7分を超える。

40km。
ぎりぎりの闘いを続ける僕の耳に「おっとーさん」という声が。

冷静に考えると、井出浩一さん以外に考えられないのだが、僕の頭に浮かんだのは『こんなとこで俺を呼ぶやつ誰やねん!』(笑)

井出さんが「おっとーさん、ラスト!頑張って!!」と言ってる。
僕は心の中で、『充分、頑張ってるって』と思いながらも、「もう無理…」と思わず弱音が出る。

そして残り1km。
4時間まで、残り6分を切っていた。
5分53秒ぐらいだったか。

普段なら、余裕があるぐらいだが、30km以降、6分を切ったのは一度だけ。
間に合うのか?と思う。

この1kmで脚攣りがきたら、かなりヤバい。
しかし、ここまでのことを思うと、攣らない訳がない。

どこにチカラが残っていたのか、スピードを上げる。

僕の中で、ネットタイムだけ達成という選択肢はなかった。
ネットだけ達成でも、きっとみんなは祝ってくれるだろう。
「サブフォーおめでとう」って、言ってくれるだろう。
でもきっと、僕の気持ちはすっきりしないと思う。
何としても、グロスに間に合わせたい。

正直、間に合うなら壊れてもいいとすら思った。
あと1kmだけ、頼むからもってくれと。

しかし、願いはかなわず、強烈な脚攣りが僕に襲い掛かる。
走れない。
思わず脚を止める。

近くを走っていた見ず知らずのランナーが、「あとちょっと!頑張ろう!」と声をかけてくれる。
すごく嬉しかった。

少しましになったところでリスタート。
とにかく必死で走った。

スタート地点に帰ってきた。
見覚えのある風景。
でも、初めてなので、フィニッシュラインがどこなのかを知らない。

時計を見ると、3時間58分台に入っていた。
フィニッシュラインは、まだ見えない。
どこや!?

あった!

フィニッシュラインの横に、公式の時計が見える。
4時間09分38秒。
登録のスタートに合わせてあるので10分早い。
つまり、あと22秒。

間に合うのか?
あそこを越えないと!
何としても、4時間以内に向こう側に行かないと!!

必死で駆ける。
公式時計を見ながら、ぎりぎりで間に合うことを確信し、ガッツポーズでフィニッシュラインを越えた。

自分の時計を止める。
3時間59分57秒。
残りはたったの3秒(速報記録では残り5秒)。
サブフォーを達成した。

最初に出た感情は安堵。
喜びより先に、達成できてよかったと思った。
これでブログで報告できると。

帽子を取って、振り向いてコースに頭を下げる。
完走メダルをかけてもらう頃になって、ようやく喜びの感情が出てきた。
泣いた。

すごく格好悪いレース展開。
それはわかってる。
でも、どんなレースでも、サブフォーはサブフォー。
素直に喜んでいいよね。

33km以降のラップ。
LAP33km-篠山2012

今夜の記事を書きながら、またいろいろと思い出して、泣きながら書いてました。

次回、最終回。
レース後のことを少し。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(22) | トラックバック(0)
2012-03-09 00:34 | カテゴリ:篠山ABCマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

えー。
明らかに腹回りに脂肪がつき始めています。

ここ数か月、練習不足だというのに食べる量は減らず。
むしろ増えている状態。
体重は順調に上昇しています。

よくこんな体重でサブフォーできたな(苦笑)

体重を落とせば、タイムも確実に速くなるとわかってるんですが、ストイックに節制するのにも限界がありますよね。
ちょっと今は、節制してまで痩せたくない気分なので、せめて太らないように走らないと。

篠山の疲れも抜けてきたので、明日から走ろうかな。



さて、篠山マラソンレポ。
今夜は4回目です。

現在地点は、21kmを過ぎたところ。
約半分のところですね。
では、どうぞ。

20km過ぎ、MUSASHIのNI補給に手間取ったことでリズムが狂ったのか、ペースが落ち始める。
この数か月、練習不足は明らかなので、妥当な結果なのかも知れないが。

それでも、ここまでの貯金があるので、これをできるだけ減らさないようにすること。
後半は、そこに焦点が移った。

24km付近。
猪汁エイド。
ものすごく気になるし食べたかったが、これを食べてサブフォーを逃したら激しく後悔するはず。
そう思いスルーした。

25kmすぎ。
ふたつ目のショッツを投入。
レモンライム味。
手はさらにかじかんでいて、ショッツすら開けにくい。
今度も歯を使う。

これもマズい。
とは言え、ショッツのコンパクトさは、かなりの魅力。
たぶん、これからも使い続けるだろう。
慣れることを期待するしかない(笑)

このあたりから、折り返してきたランナーとのすれ違い区間に入る。

僕は、このすれ違い区間をすごく楽しみにしていた。
今まで、折り返してきた誰かとハイタッチしたことがない。
レース中、ハイタッチしてる人が、うらやましかった。
今回はできるだろうと期待していた。

できるだけ中央付近を走り、仲間を探しながら走る。

しかし一方で、すれ違い区間に入ってから、脚が攣り始めた。

僕は、よく脚が攣る。
その対策で、塩分補給をこまめにするようになった。
しかし、今回の篠山は寒く、そんなに汗は出ていない。
今回の脚攣りの原因は、電解質不足ではないんだろう。
寒さで筋肉が固まるのか、単に筋力不足なのか。

最初のうちは、脚が攣ったら立ち止まってストレッチしてという感じ。
治まったら走り始める。

折り返してくるランナーを気にしながら、脚の状態も気になるといった状況。

脚攣りの頻度はどんどん上がり、最後まで苦しめられることになるのだが、気持ちが切れなかったのは、貯金があったことと、仲間に会えるすれ違い区間だったこと。
そう思う。

最初に見つけたのはぺこ@さん。
お互い、ぎりぎりで気づいたのでハイタッチできず。

かなり苦しそうに走っておられたのが印象的だった。
あれでサブスリー達成しちゃうんだもんなぁ。
すごい粘りを発揮したということなんだろう。

続いて現れたのは、スティッチのハンサムネコさん
「ネコさん!」と声をかけ、ハイタッチしていただく。

レース中、ランナーとのハイタッチ、記念すべき第1号はハンサムネコさん!!

しかし雨の中、仮装であの速さはすごすぎる…。
次元の違いを痛感した。

そしてゆるりんさんも。
「おっとーさん」と声をかけてくれたが、声が弱々しかったのが気になった。
ゆるりんさんのレポによると、強烈な気持ち悪さと闘っておられたらしい。
そんな状態でも、ハイタッチしてくださった。

レース中、ランナーとのハイタッチ、女性第1号ということで^^

そして僕も、折り返し地点に向かう。

いつものことだが、折り返しは遠く感じる。
折り返してきたランナーが増えてくると、もう近いんじゃないかと思ってしまうのだが、結構距離があるもので…。
今回は、陸連登録と未登録で10分差のウェーブスタートだったので、さらに遠さを感じた。

何度も脚が攣る。
軽いものは、無視して走っていたが、たまに強烈な一撃がくる。
歩くことすらままならないような攣り。
こうなると、ストレッチでも治らない。
というか、ストレッチできない。

貯金はどんどん減っていく。

大阪マラソンで脚攣りに悩まされ、対策として塩分補給した奈良マラソンでは、ほとんど攣らず。
これで油断したことは否めない。

しかし脚攣りについては、別の対策を考える必要がある。
このあたり、篠山からの帰りのバスでヒントを得たので、近いうちに記事にしようと思う。

30kmすぎ。
ここで補給予定だったNIは断念。
開けられる気がしなかったので、諦めた。

そして、ようやく折り返し点に到着。
ここからは、ほぼ下りになる。

まだ会っていない仲間にも会えるはず。
そう思って、気持ちを奮い立たせる。

32kmまでのラップ。
LAP22-32km篠山2012

アレスによると、最終的に42.4km走ったことになっているので、少しずれているのだが、残り約10km。
サブフォーに向け、6分/kmなら充分間に合い、7分/kmなら間に合わない残り時間。
走りながら、それ以上細かい計算はできない(笑)

まだ充分間に合う。
気持ちは切れない。

今夜はここまでです。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(18) | トラックバック(0)
2012-03-08 00:12 | カテゴリ:篠山ABCマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

次の日曜日は、京都マラソン。
先日の記事で、「応援に行くつもり」と書いたんですが、結構な大所帯になりそうでワクワクしています。

次に会えるのは1か月以上先と思って別れた篠山出走組が、何人か応援予定とのことで、思いがけず1週間ぶりに会えそう^^

京都出走メンバー何人かとも連絡先を交換しました。
応援ルートは、地元の井出浩一さん丸投げお任せ。
遠いので、早起きは必要ですが、気楽なもんです(笑)


僕の篠山のダメージは、かなり楽になってきました。
それでも、あちこちにハリがあるのがわかりますね。

今回、今までで一番ダメージが残ってるかも。
帰りには、今日も整骨院へ。
帰宅後は、サプリメントをいろいろ。

そろそろ、軽く走りたい気持ちもありますが、もうちょっと休んだほうがいいかな。



さて、篠山マラソンレポの3回目です。

現在地点は、10kmを過ぎたところ。
ようやく、最初の給水です。
では、どうぞ。

篠山の最初の給水は10km地点。
今回は寒かったので何とかなったが、やはり5km地点に給水が欲しい。

先日、たのくるさんが記事アップしてくださっていた、給水のアドバイスを実践するときがきた。

僕は給水が苦手だ。
普段の練習では、スクイズボトルを使って給水しているのだが、これは問題なくこなせる。
でも、紙コップになるとうまくいかない。
上手く飲めず、ほぼもれなくむせていた。

コップを取ることは問題ない。
飲み口を潰すことも知ってる。
知らなかったのは、いきなり喉に流し込まず、口で止めるということ。

確かに、スクイズボトルで飲むときには、まず、吸い込むことが必要になるので、口に溜めてから飲んでいる。
それを意識して、最初の給水。

スポーツドリンクを取って、飲み口を潰して、一旦口の中へ。
それから飲み込む。
びっくりするぐらいに、上手くいった^^
もうひと口飲む。
これも成功。

給水をしないといけないのはわかるが、むせるのがいやだった。
いつも口をしめらす程度だったのだが、苦手意識が払拭された。
たのくるさん、ありがとうございます。

給水といえば、篠山はスペシャルドリンクを置くことができる。
今回は、初めてだったのでやめたのだが、来年走るなら、置いてみようかと思った。

給水を終え、引き続き、5分/kmペースを意識して走る。

一度スタート地点付近に戻るところで、井出さんが応援してくれているはずだが、それが何キロあたりなのか判らず。
沿道を気にしながら走る。

15km過ぎ。
2度目の給水もうまくいく。
そして、ショッツ投入ポイント。
塩分チャージタブレットを食べてから、ショッツを開ける。
事前に試してないので、初めてのショッツ。

最初に選んだのはコーラ味。
口に入れる。
どろり…。

すごい粘度に驚く。
正直、マズい(苦笑)
ウィダーインのような、さらっとした感じを想像してたので、ちょっとヤラれた感じ。

キャップ式じゃないから、あんまりさらっとしてると、こぼしやすいのかなぁ…。
かさばらないのはありがたいのだが、う~ん…。
これ、何回も使ってたら、慣れてくるもんなの?

16km過ぎから上りになり、少しペースが落ちる。
でも、貯金のための5分/kmなので、脚を使ってまで拘るつもりはなかった。

で、井出さんはどこ?(笑)

18km過ぎ、ひときわ大きな声で、ランナー達と楽しそうにハイタッチしている目つきの悪い男を発見。
井出さんだった。

僕も寄っていって、ひと声かけてハイタッチ。
そのまま走り去っていく。

20km過ぎ。
MUSASHIのNI投入ポイント。
NIを走りながら摂るのは難しいので、給水の水をもらい、端に寄って立ち止まる。

ここで、想定外の事態が。
携帯用のNIを開けようとしたが、うまくいかない。
手袋をしてるせいかと、脱いでみたが同じ。
手がかじかんで、思うように動かないのだ。

降り続く冷たい雨、上がらない気温。
走っていても汗をかかない。
身体はどんどん冷えていく。
冷え性の僕の手は、感覚を失っていった。

仕方ないので、歯を使って開けようとする。
ようやく開いたが、穴が小さすぎて出にくい。
さらに歯を立てる。
何とか開けることができた。
水で流し込み、リスタート。
ラップを見ると、2分前後ロスしたようだ。

これは、この先の苦しみの序章にすぎなかった。
寒さが、僕の体力を奪っていく。
さらに苦しい展開が、僕を待ち受けていた。

21kmまでのラップです。
LAP11-21km篠山2012

今夜はここまで。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)
2012-03-07 00:16 | カテゴリ:篠山ABCマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

納豆ソーセージカレー

今日はhelloweenさんのせいで、ココイチの納豆カレーがどうしても食べたくなり…。
納豆ソーセージカレー4辛200gです。

どんなに勧めても、みんなあんまり信用してくれないんですが、カレーと納豆、マジで合います。
お願いですから、騙されたと思って一度喰ってみてください。
家カレーのときに入れるのでもいいから。

超回復中なのか、ものすごくお腹が空きます。
今は、しっかり食べたほうがいいのかな?


僕は今日から仕事再開。
朝は、ホントに行くのが嫌でした。
ま、そうも言ってられないので、しっかり仕事してきましたけど。

帰りには整骨院に行ってケア。
痛むところを伝えて、マッサージしてもらいました。
まだ、あちこち痛いですが、少し楽になっています。



さて、今夜は篠山マラソンレポの2回目。

何やらみなさん、僕のレポが長くなると思ってらっしゃるようですね(笑)
今まで散々長いレポを書いてきましたもんね。

しかーし、今回は今までのようにはいかんのぢゃ(笑)

…。
たぶんね。

今日は、スタート直前から再開です。
では、どうぞ。

『スタート1分前』
いよいよ、カウントダウンが始まる。

『スタート30秒前』
さあ、いくぞ!

『スタート10秒前』
隣にいるガッキーさんと、最後のエール交換。
おっとー「じゃあ、ゴールで」
ガッキーさん「4時間以内に」

そして号砲。
号砲と同時に、僕は時計を回し始めた。

ゆっくりとスタートゲートに向かって進んでいく。
そして、スタートラインを越えた。
ロスタイムは35秒ぐらいか。

近くに井出浩一さんがいるはずだが見つけられない。

ここで、僕の今回のレースプランを説明しておく。

サブフォー確実と言われながら撃沈した大阪マラソン。
たぶん無理だろうなと思っていて、やっぱり無理だった奈良マラソン。
僕はどちらも、イーブンペースを目指していた。

確かに、本などを読むと、イーブンペースで走るのが理想だろうと思う。
当然、後半にタイムが落ちることは想定して、ぎりぎりではないペース設定にしているのだが…。

今シーズン、過去2回のフルマラソンを振り返るに、イーブンペースで走ろうとしていたことが、達成できない大きな要因なのではないかと思うようになった。
イーブンペースのため、大阪マラソンの脚攣りのようなちょっとしたトラブルがあると、そこで無駄な時間を使ってしまうことで気持ちが切れてしまうのだ。

『達成するには、かなり無理なペースで走らないといけない。
今の僕にはできないペース。
今回もサブフォーできなかった』と。

メンタルの強い人なら、例えば今回のゆるりんさんのように、目標を下方修正して、そこを目指して走れるんだろうけど。

イーブンペースで走れないというのは、明らかに僕の持久力不足。
その対策に、LSDを重点的に練習してきたが、まだ足りないと思っていた。

ハーフならそこそこ走れるが、フルはきっと、まだいろんなものが足りないんだと思う。

体力が足りないなら、気持ちでカバーするしかない。
レース前から言っていたが、絶対にできるんだという思い込み。
ダニエルの表やマラソン換算表を拠りどころにして、サブフォーは確実と思い込むようにした。

そしてもうひとつ考えたのが、できるだけ最後まで、可能性を残すこと。

『もうだめだ』と思うと、気持ちが切れる。
『まだ可能性はある』と思えれば、踏ん張れるんじゃないか。

そのために、イーブンペースで走ることは諦めて、最初に貯金を作ることを考えるべきでは?

こういう話は、法隆寺マラソンの打ち上げのときにもしていて、そのときは結論は出なかったんだが、僕の中では一度やってみたいプランとして温めていた。

ダニエルの表でいくと、3時間半を目指してもいいレベル。
それなら、5分/kmでいけるところまで。
トラブルがなければ、3時間半にできるだけ近いところを目指す。
あわよくば、サブ3.5という色気もあった。

このプランなら、トラブルがあってもサブフォーには届くんじゃないかと。
それに、Aブロックの周りのランナーに、迷惑をかけることもない。

渋滞もあって、最初の1kmは時間がかかったが、それ以降は5分/kmを意識して走る。
ただ、速くなりすぎないように。
あまり速いともたない。
30kmまで5分/kmペースを守れたら最高なんだけど…。

湿気のせいもあってか、カッパを着たまま走っていると、すぐに暑くなる。
汗をかき始めたので、前のボタンを開けて風を入れる。

3km走る頃には、前は全開。
最初の給水は10km。
そこまでカッパを捨てられないのか?

すると、4km地点でごみを回収してくれていた。
急いで脱いで、かっぱを捨てる。

ところで、スタート直後ぐらいから、ポツポツと雨が降り出していた。
それでも、僕は天気予報を信じていたので、本降りになるとは思ってなかった。

しかし、雨はこのあと止むことなく、どんどん酷くなる。

5km。
予定どおり、脚攣り対策の塩分チャージタブレットを補給。

7km。
沿道の応援が多くなる。
子ども達が、私設エイドでアメやチョコを配ってくれていた。
思わず笑顔になる。

今回、天候が悪かったので、例年よりは少なかったらしいが、沿道の応援と私設エイドの多さに驚いた。
公式エイドは、給水とスポンジと猪汁だけじゃないかな?
たぶん、他は全部私設エイド。
バナナもいただいた。

篠山市民にとては、お祭りみたいなものなのかなぁ?
冷たい雨が降る寒い中、子どもからお年寄りまで、多くの声援をいただいて、チカラになった。
改めて、ありがとうございました。

10km。
2コ目の塩分チャージタブレットを補給。

10kmまでのラップ。
LAP1-10km篠山2012

今夜はここまで。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(18) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。