-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-28 00:43 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

とくしまマラソン後の休養期間を終えて、今夜からラン再開しました。
昼間は暑かったんですが、夜になって涼しくなった中、ゆっくり10kmを目処に。

どうしても、徐々にスピードが上がってしまうので、身体がしんどくないスピードを意識しました。

とくしまマラソンは、後半走れてませんからね。
筋肉痛もほとんど出なかったんですよ。
今夜も普通に走れました(笑)

やっぱり、走るって気持ち良いですね^^

本日のRUN 10.7km 56分31秒
         5分16秒/km 11.4km/h 消費675kcal

ラップはコチラ。
LAP20120427.jpg

元々、今夜から走ることは決めてたんですが、実は今日、帰りに我慢できなくなって、コレを喰っちゃいまして…。
わさびタルタル1
わさびタルタル2

マクドのチキンタツタ、わさびタルタルです。

僕は正直、マクドを旨いと思わないんですが、チキンタツタは好きなんですよね。
そして気になっていたわさびタルタルは…。

これを考えたヒト偉いっ!
めちゃくちゃ旨かったです。

辛いもん好きの僕としては、もっとわさびが利いててもいいかなと。
でも、チキンタツタとの相性は抜群でした。
期間限定なので、気になる方はお早めに^^

ちがうちがう。

コイツのカロリーを消費したかったので、走りたかったんですよ(笑)



さて、5日間に渡ってお送りしてきた、とくしまマラソンレポも、今夜が最終回。
ずっとお付き合いくださったみなさん、本当にありがとうございました。

昨夜の記事で、フィニッシュしたので、今夜はその後のことを少し。

では、どうぞ。

フィニッシュ後、完走メダルをもらう。
ケースに入った状態でもらうのは初めて。
雨が降っていたからか、いつもそうなのか。
特に初フルの人とか、かけてあげたほうが喜ぶと思うんだけど。

その後、記録証の発行へ。
雨なので、ビニール袋に入れてくれるのだが、強風で雨は横向きに降ってるし、手も濡れてるし、あまり役に立たない。

荷物を受け取って、着替えるために移動。
室内の男子更衣室があったらしいのだが、気づかず。
プールの近くにあった男子の更衣スペースに行ってみたが、すし詰め状態。
プールサイドで着替えている人も多かったので、僕もスペースを確保した。

屋根はある。
でも、しつこいようだが、雨は横向きに降っている。
濡れずに済むようなところはない。
強い風が、容赦なく体温を奪っていく。

ガタガタと震えながら、まずはゆるりんさんにメール。
14時半からの打ち上げに遅れそうだったので、「先に行っててください」と書いて送信。

続いて、ブログの速報記事を上げる。
遅くなったので、心配かけてるだろうなと思う。
寒くて震えが止まらない。

早く着替えないとヤバい感じがして、ようやく着替え始める。
ツイッターは放置だったが、ブログ更新のツイートは自動で上がってるはずなので、後回しにさせてもらった。

周りで着替えているランナーも、みんな震えていた。
油断すると、風でいろんなものが飛んでいく。
着替えるそばから、服が濡れていく。
どうしようもない。
座り込んで着替えたかったが、地面が濡れているので無理。
立ったまま、何とか着替え終えた。

傘は役に立たないので、走るときに着ていたカッパを再び羽織る。
これも濡れているが、何もないよりはまし。

iPhoneを確認すると、早くもブログへのコメントやメールが多数。
いつもながら、ホントに嬉しい。
ありがとう!

徳島駅まで運んでくれるシャトルバス乗り場へ。
少し列に並んでバスを待つ。
寒い。

徳島駅に着き、荷物を預けたコインロッカーへ。
荷物を出して、走りながら気づいたことを確認。
「前日編」の写真で被ってた帽子を、ホテルに忘れてきたんじゃないかと。
やはりない。

一度出した荷物と、マラソンで預けていた荷物を再びコインロッカーへ。
ホテルに電話して、帽子のことを確認。
あった。
暖かい缶コーヒーを買い、飲みながらホテルに取りに行く。
ようやく身体の震えが止まった。

打ち上げの店に向かおうとすると、ゆるりんさんからメールが。
「そろそろ注文してはじめてますね」

これはホントに申し訳ないことをした。
先に始めてくれてると思い込んでいて、連絡するという発想すらなかった。
初めてお会いした方もいたのに、お待たせして申し訳ありませんでした。

約10分後。
打ち上げのお店に到着。
ゆるりんさん、ぺこ@さん、はじめましてのかかしさんに、かかしさんのお知り合いのBさん。
何とBさんは、とくしまマラソンでPB更新!
すごすぎる。
そんな5人での打ち上げ。

地元のおふたりは、車のためお茶。
遠征組の3人だけが、遠慮なく飲ませていただいた。

高知の郷土料理、皿鉢(さわち)料理をいただきながら、同じレースを走ったランナー同士、話がはずむ。
皿鉢料理

肉よりも魚介が好きな僕には嬉しい料理^^
ゆるりんさんセレクトに感謝!

バスで帰るので、隣に座る知らない人の迷惑にならないように、僕は生ビール2杯とハイボール1杯にセーブ。
え?
充分呑んでる?^^;

話は尽きなかったが、ゆるりんさん、ぺこ@さんが17時発のバスだったのでお開き。
バス乗り場に行くと、既に改札が始まっていた。

僕はコインロッカーに荷物を取りに行くため、ここでお別れ。
20分のバスだったので、見送っても間に合ったはず。
この時点で、次におふたりに会う予定がなかったので、あっさり手を振って別れてしまったことを、あとから後悔した。

トイレを済ませ、荷物を受け取った僕は、予定どおりのバスに。
徳島を後にした。

波乱万丈の初遠征。
これにて終了。

レポは以上です。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

ここからは、少し振り返り。

今回のとくしまマラソン、出場したことが良かったのかという思いがある。
いい経験をさせてもらったし、出たことを後悔はしてないんですけど。

僕は市民ランナー。
あくまでも趣味で走っている。
結果的には何もなかったが、いくつかの危険が想定されたレースであったことは確か。
前日に「僕が主催者なら中止する」と言ったのは、そのあたりも考慮してのこと。
もし、強風が原因で大怪我していたら、そう思うと、出るべきではなかったのではないかと思う。
最悪のケースも想定できた訳で、そう考えると恐ろしい。

今回は、徳島が局地的に荒れた天気だった。
遠征だったので、暴風雨の中を走ったことを、僕が帰るまで家族は知らなかった。
何かを言われた訳ではないのだが、これが地元のレースなら、きっと止められてたと思う。
無理に出たら、フィニッシュまで家族は気が気じゃないだろう。
逆の立場なら、僕は走らせない。

趣味のはずのマラソン。
家族にそこまで心配かけてまでやることなのか?
レースが終わって、冷静になって考えると、違う気がする。
当日の朝、DNSしようかと悩んだのは、無意識にそこまで考えていたのかも知れない。

ここにお金が絡むから、またややこしくなるんだけどね。

おそらく、あんな経験は二度とないだろう。
でも、次にあればDNSしようと思う。
それが、大人の判断じゃないかな。

この意見に対して、賛否両論あることは解ります。
でも、僕はもう、あんなレースには出ません。

それでも、あんな中で、とくしまマラソンが素晴らしいレースであったことは確か。
スタッフ、ボランティア、沿道の応援。
みなさんに、ものすごく支えていただいたレースでした。
これが良い天気なら、どれほど素晴らしくなるんだろう。
それを確かめるため、また徳島に行きたい。
そう思っています。

ランナーを含め、今年のとくしまマラソンに関わった全ての方に、心から、ありがとう。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
スポンサーサイト
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)
2012-04-27 00:00 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

とくしまマラソンバブルも、そろそろ終わり(笑)
アクセス数も、応援クリック数も落ち着いてきました。
普段どおりになってきた感じ。
ま、こんなもんでしょう。


今日は朝から、ツイッターで不愉快なツイート(つぶやき)を目にして、すごく気分が悪かったんですよね。
あまり具体的には書けませんが…。

僕の感性では、「不適切な表現」にあたるもの。
別に差別用語でも、放送禁止用語でもないんですが、見ていて気持ちいいものではなく。
口が悪いのは結構なんですが、ブログにしてもSNSにしても、不特定多数の目に触れるということを意識してやって欲しいんですよね。

僕も完璧にできてるとは言いませんし、知らずに誰かを不快な気持ちにさせてるかも知れないんですが、常に気をつけているつもりです。
今朝、見たのは、気をつけてればそんな表現しないだろ、というものでした。

最近は、SNS人口が一気に増えたこともあって、不特定多数に見られるという意識が希薄な方が多いと感じます。
それは、ひとつ間違えば自分が攻撃される対象になるということでもあると思うんですよね。

僕は黙ってその人をフォローするのをやめましたが、いきなり攻撃してくるような人もいるので、気をつけるに越したことはないと思います。
悪気なくやってるのは判るんですけど。

おじさんからの忠告でした。
きっとあの人には届かないと思うけど。



さて、とくしまマラソンのレースレポ、4日目です。

今日も、地図データを載せておきます。
MAP20120422.jpg

現在位置は、20km地点。
ペースが落ち始めたところです。

では、どうぞ。

一度ペースが落ちると、元に戻すのは難しい。
でもとにかく、高橋尚子さんのいるところまで頑張ろうと思う。

スタート前、中間地点付近でハイタッチしてくれると話していた高橋尚子さん。
淀川市民マラソン、奈良マラソンに続き、3度目のハイタッチになる。
どのレースでもサービス精神旺盛で。ランナーを楽しませてくれる。
彼女のような人が、今のマラソンブームを支えてくれているんだと思う。
走るようになる前は、何の感情も持っていなかったが、今では彼女の大ファンだ。

しかし、中間点を過ぎても高橋尚子さんの姿はなし。
どこにいるんだろう…。

24km付近。
再び吉野川を渡る。
西条大橋。
やはり橋の上は風が強い。
真正面から、暴風を受けることになる。

いやいや、走れないって、これ。
ものすごい風に笑ってしまう。
その場で足踏みしてるような感じ。
歩いたり、走ったりで、何とか渡る。

左折して、吉野川の右岸へ。
今度は川の流れに沿って、海のほうへと走る。
橋を渡りきったところには、たくさんの応援の人が。
天気が良ければ、もっとすごい応援を体験できるんだろうね。
ぜひ、体験してみたいと思う。

橋を渡ってすぐ、高橋尚子さんがいた。
言葉をかけてもらって、ハイタッチ。
少し元気が出る。
しかし、元気で何とかなるような状況ではなく…。

ここからは、向い風との闘い。
右斜め前から吹きつける突風。
そして、ときどきものすごい暴風が吹く。
キャップも飛ばされそう。
遠くですごい音がしているので見ると、ビニールハウスのビニールが、風にはためいていた。
あれが飛んできたら、相当危ないな、と感じる。

走り続けることができない。
歩いたり、走ったり。

走り続けていないので、カッパを着ていても寒い。
あー、これマズいな…。
ガッキーさんが、篠山マラソンで低体温症になったことを思い出す。

実際、低体温症になっているランナーも多かった。
救護所で貰ったのか、アルミのシートを身体に巻いて走る人も。
そこまでしてフィニッシュを目指すのか。

もうやめようか。
DNFが、頭をかすめる。
今まで、どんなに苦しいレースでも、途中でやめたいと思ったことはなかった。
でも、このレースはもういいんじゃないか?
これ以上続けるのは、危険かも知れない。

完走とDNFの間で何度も揺れた。
揺れながらも、脚はフィニッシュを目指す。

30kmの通過タイム 2時間58分24秒。
この10kmに、1時間14分。

歩きが入ってることもあって、1kmがものすごく長い。
もうタイムはどうでもいいので、エイドでいろいろ食べた。
バナナ、パン、イチゴ、はちみつレモン、氷砂糖…。
はちみつをかけた輪切りのレモン、めちゃくちゃ美味しくて、皮ごといただく^^

結局、ポーチに入っていた補給食は全く摂らず。
余計な荷物を持って走っただけ(苦笑)

32kmからの2kmは、完全に歩いてしまう。
もう、走る気になれない。
強い向かい風の中、とぼとぼと歩く。

34km付近。
時計を見て、このペースでは5時間以上かかるかも、と思う。
打ち上げは、スタートから5時間半後の14時半スタート予定。
間に合わなくなる。
歩き混じりだが、再び走り始めた。

このあたりで、高橋尚子さん再び。
2度目のハイタッチ。
また少し、元気をもらう。

歩いたり走ったりしながら、少しずつフィニッシュに近づく。
気持ちは完全に切れていたので、走れたのは意地だけかな。

40kmの通過タイム 4時間24分35秒。
4時間半に届かなくなる。

そしてコースは、ようやく吉野川沿いを離れ、市街地へ。

41km。
せめて最後ぐらい、走って終わろうと思う。
もう、フィニッシュまで歩かない、止まらない。
ゆっくりでいいから走ろう。

歩いているランナーが多く、最後にかなり抜いた。
沿道の応援に、「ありがとう!」と応える。
そしていよいよ、フィニッシュ会場の徳島市陸上競技場へ。
フィニッシュラインが見える。
あと少し。

スタート前の挨拶で、高橋尚子さんに「笑顔でゴールしてください」と言われたが、とてもそんな気分にはなれなかった。
淡々とフィニッシュラインを越え、時計を止めた。

グロス 4時間38分39秒
ネット 4時間37分46秒

振り返り、帽子を取って、コースに頭を下げる。
いつもフルマラソンを走ったあとに味わう感動はなかった。
完走できた安堵感と、もう走らなくていいんだという気持ち。
タイムは酷いが、応援してくれたみんなに報告できる、最低限のラインはクリアできたかな、と思う。

とにかく寒くて、早く着替えたかった。

20kmからフィニッシュまでのラップです。
LAP20120422#2

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回、とくしまマラソンレポ最終回です。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)
2012-04-26 00:00 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

今日の関西は、昨日よりも更に暑くなりました。

天気予報を見て、僕は上着を着ていかないことを選択。
正解でした。
明日は雨が降って、気温は今日より10度近く下がる予報。
このあたり、服装でうまく調節しないと、風邪ひきそうで怖いですね。
みなさんもお気をつけください。



さて、とくしまマラソンのレースレポ、3日目です。

長い前振りが終わって、今日からようやくレース編。
お待たせしてすみません。
ま、いつものことなので、みなさんそんなに気にしてませんよね(笑)
3回目で走り始めるというのは、いつもより早いぐらいで。

走り始めるということで、ARESで取った地図データを載せておきます。
(いつものようにクリックで拡大します。)
MAP20120422.jpg

現在位置は、号砲が鳴ってスタートラインに向かうところ。
では、どうぞ。

スタートラインまでのタイムロスは1分弱。
高橋尚子さんに手を振って、スタートラインを越える。

スタート地点は、片側2車線の道路だが、2車線は車を通しているため、走れるのは2車線のみ。
1万人規模の大会にしては狭い。
想定しているタイムロスは、渋滞分も合わせて3分。
あと2分で、渋滞を抜けられるか?

あれだけ出場を迷っていたのに、タイムを狙おうとする僕がいた。
このあたりは、本能なのかな?

スタート直後は市街地を走る。
このあと走った吉野川沿いのことを思うと、市街地の風はましだった。

走りはじめてすぐ、塩分チャージタブレッツを持つことを忘れていることに気づく。
バナナといい、ジェルといい…。
天気が気になりすぎて、いろんなことを忘れていた。
開催するかどうかを気にして、何もしていなかった時間が長かったせいで、時間に余裕がなくなってしまったことも原因。
たぶん、初遠征ということも、原因のひとつだろう。
この寒さなら、そんなに汗をかくこともないだろうから大丈夫か。

入りの1kmは、6分29秒(ARES計測)。
20kmまでは、5分/kmのペース想定なので、使えるロスタイムは残り30秒しかない。

次の1km。
5分10秒。
ようやく走りやすくなってくる。

このあたりで、阿波しらさぎ大橋へ。
25日に開通するという橋を、ランナーが走り初め。

橋の上は、予想通りの強風。
ランナーの足音や息遣いは聞こえない。
聞こえるのは、ビュンビュンという風の音と、バタバタというカッパやポンチョがはためく音。
今までに経験したことのない、異様な雰囲気。
強風だが、追い風なので強く背中を押され、スピードがあがる。

ちなみにこの日、徳島市では正午前に、最大瞬間風速22.5mを記録したらしい。

橋を渡り終えて左折。
左側に吉野川を見ながら走る川沿いコース。
左斜めうしろからの追い風。
追い風というのは、相当強くないと体感しないもの。
その追い風をものすごく感じる。
カッパのフードが、風に押されて顔の右にくる。
うっとおしい。
追い風に押され、自然とペースが上がる。
想定よりも早いペースに。

吉野川沿いに入ると、沿道で応援してくれている人たちが。
こんな天気の中、出てきてくれなくてもいいのにと思う。
ハイタッチしてくれる人もいる。
子どももたくさん。
すごく嬉しくて、何度も「ありがとう!」と言った。
何度か、涙が出てきた。
今でも、思い出すと泣ける。

3.7km。
最初の給水。
飲もうと思った水が、風で横に飛んでいく(笑)
こんな経験したことないよね。
紙コップは飛び交い、ボランティアのみなさんは、本当に大変だったと思う。
改めて、本当にありがとうございました。

ランナーズアップデートによると、10kmの通過タイムは50分56秒。
追い風の影響で、想定よりも早くなっている。

10km地点には計測マットがあったのだが、強風にはためいていた。
スタッフの人が真ん中に立って、「足元、マットに注意してください!」と。
何人かのスタッフは、マットを押さえていた。
大変だったろうと思う。
ありがたい。

10kmを過ぎたところで、少しタイムに余裕があったので、スタート直後から行きたかったトイレに行くことに。
仮設トイレに入る。
風が強く、ドアの開閉すら苦労する状態。
何とかドアを閉め、用を足す。
仮設トイレがガタガタと揺れている。
トイレごと飛ばされるんじゃないかと不安になった。

とても残念なことだが、とくしまマラソンでも立ちションランナーをたくさん見た。
寒かったせいか、いつもより多かった気がする。
仮設トイレの順番を待てず、すぐそばでするケースも。

いつも思うことだが、自分が近くに住んでたらどう思うんだろう。
自分の家の前でされても平気な人たちなのかな?
同じ男として、ものすごく残念。

なくせるなら、厳しいペナルティを儲けてもいいんじゃないか。
発見した場合は、名前公表。
個人情報を、各マラソン事務局共通でブラックリスト化して、以降のエントリーはさせないとか。
個人的には、それぐらいしてもいいと思う。
以降、立ちションをしたレースにはエントリーさせないだけでも、結構な抑止力になると思うんだけどね。

風は強いが、雨の量はそれほどでもない。
でも、前日から降っていることもあって水たまりが多い。
みんなが水たまりのないところを選んで走っているので、抜こうとすると水たまりを走るしかない。
何度も水たまりに足を突っ込み、シューズの中はぐしょぐしょ。
それでも、追い風に押されて順調に駆ける。

15km。
あらかじめ決めていた、ショッツの補給ポイント。
しかし、カッパを着ているので、取り出すのが面倒だと感じてしまう。
パス。

16km過ぎ。
風向きが変わり始める。
それまで、左斜めうしろからの風だったのが、左、つまり川のほうからの横風が増える。
雨が顔に当たって、少し痛い。
風に飛ばされないように、みんな身体が斜めに傾いている。
余計なことに体力を使わないといけない状態。

強い風が、僕の体力を、気持ちを、体温を奪っていく。
それでも、何とか頑張ろうとした。
応援してくれている人のことを想う。
気合いを入れようと、いろいろしてみる。
前へ。

しかし次第に、1kmの距離を長く感じるようになってくる。

20km手前。
後半は向かい風になるということを思い出す。
ココロが折れそうになる。
ペースがガクっと落ちた。

20kmの通過タイム 1時間44分02秒。
想定ペースより遅れた。

ARES計測なので、ランナーズアップデートとは当然のようにずれてますが、20kmまでのラップを。
LAP20120422#1

結果は既にお伝えしているとおり。
残り22.195kmに、3時間近くかかっちゃうんですね…。

今夜はここまで。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)
2012-04-25 00:01 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

今日の近畿地方はめちゃくちゃ暑かった。
ついこの間まで寒かったんですけどね。

昼間に走るのが辛い季節がやってきますね。
季節の移り変わりって、あっと言う間やなぁ。


今日は、神戸マラソンにエントリーしました。

とくしまマラソンが終わって落ち着いてから、と思っていて、忘れずにできてひと安心。
僕は大阪マラソンとのダブルエントリーはしないので、神戸のみです。

個人的な考えを言うと、ダブルエントリーはできれば避けて欲しいところ。
どちらも当たりにくいので、両方エントリーしてどちらかに出られればという気持ちは解るんです。
両方に当選する人が、そんなに多くないであろうことも。

でもね。
両方に当選した人も、両方には出られない訳で、出るのは片方。
もう片方は、追加抽選という形になります。

昨年の状況を見ていると、追加当選の人は、タイムに関係なく後方ブロックスタートなんですよね。
自分がそうなったら、それでも出たいですか?
たぶん、スタート後、かなり長時間ストレスだと思うんですよね。

まぁ、こればっかりは強制する訳にもいかないので、気持ちだけ書いておきます。

お互い、出たいレースに当選できればいいですね。

5月になると、先着レースでエントリー開始となるものも。
自分が出たいレースはちゃんと調べて、エントリー漏れのないように気をつけましょう。



さて、とくしまマラソンのレースレポ、2日目です。
いや、まだ走ってないから、レース前レポか(笑)

昨夜の記事は長くなってしまったんですが、何とか今週中に終わらせたい思いがあって、今夜も長くなるかも知れません。
お時間のあるときにでも、お読みいただけると嬉しいです。

前記事では、前夜の就寝までだったので、今夜はその続きから。
では、どうぞ。


夜中は2,3度目が覚めた。
慣れないホテル泊だったからか。
起きるたびに、ブログのコメントやツイッターを確認。

そして朝。
起床予定の4時になる前に目が覚める。
寝足りない感じはない。

ただ、土曜日からの腰痛が治まっていない。
久しぶりに、これを抱えて走らなあかんのか…。

外はまだ暗いが、風の音が聞こえる。
どうやら、雨も降っているらしい。

開催有無の発表は、とくしまマラソンの公式HPで5時半の予定。
決まってから動き出すと間に合わないので、まずはシャワーを浴びて目を覚ます。
シャワーのあと、念のため公式HPを確認。
開催に関する情報はなかった。

やるかどうかがわからないので、どうにも動きづらい。
中途半端な状態で、時間が過ぎていく。
ツイッターでは、とくしまマラソンに出場するランナーが、次々と起きだすのがわかる。

5時過ぎ。
少し早いが、朝食。
前夜に買ったおにぎり3個。
バナナは、会場に着いてから食べることに。

5時半。
公式HPにアクセスしようとするが、繋がらない。
アクセスが殺到しているのか、技術的な問題か。
5時半には、はっきりすると思っていたのだが。

TVでも情報を流すとあったので、四国放送に合わせる。
TVショッピングをやっていて、それらしき情報はなし。
他のチャンネルでやっていた天気予報では、徳島の風速予想は(確か)15m。
四国の中でも、徳島だけが突出していた。
しかも、午後に向けて、天気は更に悪くなる予報。
「これは中止だろう」と思ってしまう。

振り返ってみると、今回の敗因は風でも雨でもなく、中止だと思ってしまったこと。
メンタルが大きくものを言うマラソンというスポーツで、一度気持ちが切れてしまった。
これでは、42.195kmを走りきれる訳がない。

5時50分頃。
ようやく公式HPに繋がる。
しかし、内容が先祖返りしていて、すごく古い状態になっていた。
やるのかやらないのかわからず。

6時。
点けっぱなしになっていたTVでは、アンパンマンが始まる。
ここまで中止の情報が流れないということは、やるということ?
やるならやると言って欲しい。
画面を見ることなく、耳だけがTVの音を拾っている状態だったが、何かの拍子に画面に目を向けた。
そこにはテロップが。

「とくしまマラソンは予定通り開催」

まさかアンパンマンに教えてもらうとは…。

開催の判断については、僕はとやかく言うつもりはない。
いろいろと検討したうえで、出した結論だと思うし、開催と中止、どちらに決定したとしても、それぞれ批判があるのは仕方ない。
万人が納得することは不可能。
事務局がやると決めて、全力でランナーをサポートするという決心をしたのなら、それはそれで立派な決断。
出場するかどうかは、ランナーの自己責任と思う。

開催されることが判って、僕はしばらく悩んだ。
気持ちは切れてしまっている。
普段の練習で、少しの雨の中でも走りたくないのに、この暴風雨の中フルマラソンを走ることが、嫌で嫌で仕方ない。

DNSしようかな…。

たっぷり10分ぐらいは悩んでたと思う。

それでも出場を決めたのは、みんなからいただいた応援。
ブログで、ツイッターで、メールで、土曜日からたくさんの応援をいただいていた。
これで、『酷い天気だったのでDNSしました』とは言えないよな。
そう思い、ウェアに着替え始めた。

予想最高気温が17度と低かったので、上は長袖のコンプレッションTシャツの上から半袖Tシャツを重ね着。
下はcw-xのロングタイツにハーフパンツ。
さらにその上から、ダイソーのカッパを羽織る。

7時過ぎ。
荷物預けの袋が小さかったので、必要なものだけを入れ、残りは持っていったカバンに。

ここは、来年以降改善していただきたいところ。
遠方からでは、あの荷物預け袋には入らない。

荷物をまとめ、ホテルの部屋を出る。
エレベーターホールで、ランナーのおじさんと「おはようございます」と挨拶。
「前半は追い風で、後半向かい風になると思うよ」と教えていただく。
「台風並みですね。こんな天気初めてです」と苦笑しあい、フロントでお別れ。

カバンをコインロッカーに預けるため、徳島駅に向かう。
カッパを着ているので、傘はささない。
コインロッカーが空いているのかが心配だったが、問題なく預けることができた。

コインロッカー前で、地元のおじさんに声をかけられる。

おじさん「この天気の中やんの(開催するの)?」
僕「やるみたいです(苦笑)」
おじさん「(呆れたように)うへー。頑張ってやー」

スタート地点までの地図は頭に入ってなかったが、ランナーがたくさんいるのでついていく。
雨が強くなっていく。
風は引き続き強い。

7時50分頃。
スタート地点周辺に到着。
雨を避けられるような大きなスペースはなく、屋根のあるところにランナーがひしめいている状態。

荷物預けは8時15分まで。
天気が気になって、スタート前に摂ろうとしていたバナナやゼリー飲料を入れたまま、カバンを預けてしまう。
トイレを済ませ、僕のナンバーの集合場所へ歩く。

8時10分頃。
集合場所付近に着き、何とか屋根のあるところを確保。
結局、ゆるりんさんぺこ@さんが出るのかどうかもわからないまま。

8時半頃。
雨は降り続いていたが、集合場所に並ぶ。
カッパは着ているのだが、風に体温を奪われ、とにかく寒い。
カフェイン断ちの甲斐もなく、トイレに行きたくなる予感。

8時45分頃。
スタートセレモニーが始まる。
大会会長の徳島県知事挨拶。
ゲストの金哲彦さん、高橋尚子さんの挨拶。
悪天候のせいか、ランナーが変なテンションになっているのを感じる。

高橋尚子さんが、「大変な天気ですが、こういうレースは思い出に残りますよ」と。
トラウマにならなきゃいいけど(笑)
まぁ、忘れられないのは確かですね。

スタート時間が近づく。

8時59分。
「スタート1分前」のコール。

8時59分30秒。
「スタート30秒前」のコール。

9時。
10秒前ぐらいから、カウントダウンすると思ってたのに、いきなり「パン!」(苦笑)
慌てて時計を回し始める。

ゆっくりとランナーが動き始める。
とても過酷な、42.195kmが始まった。


写真ないのに、めちゃくちゃ長い(苦笑)
最後まで読んでいただき、本当にありがとうございます。

今夜はここまで。
明日、ようやくレースです(笑)

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)
2012-04-24 00:16 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

とくしまマラソンの完走者数が、徳島新聞のサイトに載ってました。
とくしまマラソンの公式HPには載せないのかな?

それによると、出走者数は9525人(男7268人、女2257人)。
あんな天気だったのに、ほとんどの人が出たってことなんですね。
すごいな…。

制限時間内の完走者数は、8031人(男6257人、女1774人)。
完走率84.3%は、過去最低。
7時間の大会にしては、かなり低い数字ですね。

それでも、これだけの人が完走してるんですね。
改めて、とくしまマラソンを走ったランナーのみなさん、お疲れさまでした^^
あのレースを経験すれば、大抵のことを我慢できると思います(笑)
あんなレースを走れたんだと、胸を張りましょう。

で、昨日お約束した記録証です。
記録証とくしま2012

一応、袋には入れてくれたんですが、手も濡れてるし、びしょびしょになりまして…。
こんなシワだらけの記録証は、初めてです。
ま、これも思い出ですね。
この記録証を見る度に、今年のとくしまマラソンを思い出せると思います。



さて、今日からとくしまマラソンのレポを始めます。

書きたいことはいろいろあって、いつもより長くなりそうな気もするんですが、29日には娘との父娘ランも控えてるので、そんなに長く書けないなと思っています。

遅くとも29日には終わらせたいなと思っているんですが、どうなることやら。
いつも長いですからね(苦笑)
お時間のある方は、おつきあいいただけると嬉しいです。

タイトル見ておわかりのとおり、前日からです。
「そこからかよ!」というツッコミはなしね(笑)

では、はじめます。

前日土曜日、8時起床。
12時15分の高速バスを予約しているので、11過ぎには昼食の予定。
朝食は、軽く食パン1枚。
もちろん、カフェイン断ち継続のため、飲み物は麦茶。

食べ終わってから、脚攣り防止の漢方、芍薬甘草湯を飲み忘れたことに気づく。
食前の薬なので、昼食から飲むことにする。

用意はほぼ終わっていたので、最終確認だけ。
10時ごろ、家を出てJR難波に向かう。
天気はものすごく良い。

1泊でマラソンするだけなのに、荷物がめちゃくちゃ重い。
余計なものは入れてないはずなのだが…。

重い荷物のせいか、腰に痛みを感じる。
腰は僕の持病。
最近は整骨院でケアしてるので、痛みが出ても長続きしない。
今回も大丈夫だろうと楽観する。

予定どおりにJR難波に到着。
まずは昼食を摂ることに。
カーボ継続中なので、うどん屋に。
お茶が出てきたが、何茶か判らないので口にしない。
カフェインが入ってる可能性を考慮。
お冷をもらい、今度は忘れずに芍薬甘草湯を飲む。

水分補給用に水を買い、バスに乗車。
夜、早く寝ないといけないので、バスの中では寝ないようにと思っていたが、カフェイン断ち中で眠くて仕方ない。
ツイッターなどしながら、できるだけ寝ないようにしたが、何度かオチてしまった。

バスに乗車中、香川のガッキーさんからメールをいただく。
レースは仕事のためDNSなのだが、前日受付には来るとのこと。
会うことを約束。
ガッキーさんとは、しばらく会えないと思っていたので嬉しい^^

続いて、ゆるりんさんからメール。

「かかしさんの車でコースを案内してもらうことになりました。
着いておられたら一緒にどうですか?」

かかしさんとは、ゆるりんさんのお知り合いで徳島在住のランナーさん。
ありがたいお誘い。
でも、早く徳島入りするなら、事前に教えてもらわないと。
おじさん、まだバスの中だよ(笑)

ということで、残念ながら、これはお断り。

大阪から徳島までは、高速バスで2時間半弱。
しかし、バスに乗ってるとおケツが痛くなってくる。
腰も痛いし、ちょっとしんどい感じ。

明石海峡大橋、淡路島、大鳴門橋と通り、徳島県に上陸。
明石海峡大橋

が、徳島県最初の停留所で、雨がポツポツ降っていることに気づく。

えーっ!?
あんなに晴れてたやん!

そこからは、降ったり止んだり。
風も徐々に強くなっているのがわかる。

14時40分頃、JR徳島駅前に到着。
徳島駅

雨は小雨程度。
荷物が重かったので、まずはチェックインすることに。
駅からホテルまでは、徒歩10分ほど。
チェックインは15時からだが、ホテルの場所とか調べてたら、ちょうどいい時間になった。

ホテルに入り、荷物を置く。
バスの中で使いすぎたiPhoneを充電しながら、前日受付場所を調べる。

傘を持って、前日受付に行こうとホテルの玄関へ。



雨が横向きに降ってる!!

ホテルの部屋に少しいただけで、風がすごく強くなっていた。

傘をさしてみるが、折りたたみではほとんど役に立たない。
幸い、雨の量はそんなに多くなかったので、途中で諦め、雨の中を歩く。

徒歩15分ほどで、前日受付会場の徳島市立体育館へ。
前日受付とくしまマラソン2012

EXPOの規模は小さくて残念。
受付を済ませ、ガッキーさんの到着を待つ。
メールによると、近くまで来てるのだが、駐車場難民になってるとか。

しばらく待っていると、ガッキーさん到着。

ん?
あれ?
ガッキーさん、ひとりじゃないぞ。
隣に女性が。
親しそうに話してるけど、ガッキーさんの彼女なのかな?

そう思っていると、その女性が僕に手を振ってきまして…。
ゆるりんさんでした(笑)
よく見れば、社会人になってから、ほぼブログ放置中(笑)のぺこ@さんも。

ガッキーさんの受付を待って外へ。
風は更に強くなってました。

ゆるりんさんからお誘いいただきまして。
かおりんさんオススメの鶏料理屋さんがあるんですけど、ガッキーさんはレースに出ないし、4人で行きません?」と。

僕「え~、アルコールなしで鶏料理?」
ゆるりんさん「呑んじゃいます?どうせ…」

ゆるりんさんが飲み込んだ言葉、しっかり理解しました(笑)

強風吹き荒れる中、鶏料理屋に移動。
4人ともノンアルコールビールで乾杯。
ノンアルコールビール

僕が最初に「ノンアルコールビール」って言っちゃったので、ゆるりんさんもぺこ@さんも我慢したのかも。

カウンターの角を挟んだ席だったんですが、そこら中にお酒が並んでまして(苦笑)

この鶏ホルモンの盛り合わせ、味は濃かったんですが、旨かったです^^
鶏ホルモン盛り合わせ

途中、またもや芍薬甘草湯を飲み忘れたことに気づく。

明日はホントにレースができるのか?という話になったんですが、スマホで見ると、スタートの9時で風速12mの予報。
スタートしてすぐに、阿波しらさぎ大橋という、吉野川に架かってる橋を渡るんですが、橋の上って風が強いじゃないですか。
「僕が主催者なら、中止にすると思う」なんてことを言ってしまい、少しそういう気持ちになっちゃったかな。

少し食べたところでお開きにして、徳島駅へ。
まだ18時をまわったところ。
みんな真面目です。

駅前で、みんなで記念撮影。
ぺこ@さんが苦労しながらも、シャッターを押してくれる人を探してくれました(笑)
フォーショットとくしま2012
(写真提供:ゆるりんスポーツ)

右から、ゆるりんさん、ぺこ@さん、僕、ガッキーさん。

行先の違うみんなとは、ここで解散。

鶏料理は少なめだったので、僕はこのあと徳島ラーメン屋へ。
名前は出しませんが、酷かったです。
普通、名物って、どの店で食べてもそこそこ旨いんじゃないの?
ほら、香川のSAで喰ったうどんが旨かったようにさぁ。
あんなレベルのものが出てくるとは…。

ものすごく残念な気持ちで、翌朝の朝食を買いにコンビニへ。
ホントはスーパーに行きたかったのだが、見つけられず。

大福を買いたかったのだが、見つけられなかったので、おにぎり3個とバナナ、水を2本買う。
ホテルへ。

途中、マズいラーメンで1日の食事が終わるのが我慢できなかったので、ドーナツを2個買った。

ホテルに戻って、翌日の準備。
と言っても、ナンバーカードをつけるぐらい。
すぐに終わった。

夜は雨はやんでいて、風だけがびゅんびゅん吹いている状態。
翌朝は4時に起きることにして、早々と就寝した。

めちゃくちゃ長くなりましたね。
すみません。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
今夜はここまでにします。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。