2012-06-02 02:39 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

昨夜は失礼しました。
久しぶりに、平日に6時間以上寝て復活。
しっかり働いてきました^^

今夜、更新が遅くなってしまったので、ご心配をおかけしてるかも知れませんね。
すみません。
今夜は走っていて、遅くなりました。

暑くなってきて、昼間に走るのが辛くなってきたので、週末の練習をどうしようかと考えていて、その結果が今夜の練習。
180分LSDしてきました。

この夏の週末練習計画については、長くなるので明日にでも記事にしますね。

本日のRUN 27.8km 3時間00分51秒
         6分30秒/km 9.22km/h
RUN20120601.jpg

SUUNTO Ambitにしてから、長い距離だとラップが1画面で見れないので、どうしようかと考えてたんですが、少なくとも走ったという証拠だけでも載せておきたかったので、こういう形にしてみました。
ご意見あれば、コメントいただけると考えてみます。



さて、1日空いてしまいましたが、京都里山トレイルランレポの5日目。
今日が最終回になります。

今夜も、まずは地図の再掲から。
地図

地図の下のほう、◎と△が書いてあるところがスタート&フィニッシュです。
前記事と同じく、【数字】と書いてあるところは、地図とリンクしますので、ご了承ください。

現在位置は、【26】の手前です。
では、どうぞ。

このあたりでは、周りにいたランナーと離れて一人旅になっていた。
それでも、迷うような道ではなかったので、進んでいく。

【26】に到着。
ここは【15】でもあるので、ウェーブスタートで僕より遅くスタートしたランナーたちに出会う。
ここは道が4本に分かれている。
僕はみんなが来るほうに戻って行けばいいのだが、【16】に向かうランナーが悩んでいた。

「さっきここ、どっちへ行かれました?」と訊かれるが…。

申し訳ないけど、全く覚えてなかった(苦笑)
「全然覚えてません!すみません」
そう言って、僕は先へ。

【26】をピークに、ここからは下り基調。
上ってくるランナーに「こんにちは」「頑張って」などと声をかけながら、快調に下っていく。

と…。
道を間違えた^^;

少し戻って、【27】にたどり着く。
上ってくるランナーには、「こっちですよ」と声をかけ、僕は地図とコンパスで行くべき方向を調べる。
こっちか!

あとはフィニッシュに向けて下っていくだけ。
途中、石(に見えたけど岩かも知れない)に左足親指を強打!
めちゃくちゃ痛い。
しばらく、痛みに耐えながら駆け下っていた。

その後、今度は右足で木の根を踏んでしまう。
足首が変な方向に曲がった。

それでも、共に大事には至らず。

【29】を左折した突き当たりは舗装道。
【30】に向かって走る。

【30】を右折すると、突き当たりはスタート直後に走った道。
最後の力をふりしぼる。
途中、男子高校生が「ファイト!」と声をかけてくれた。
今回、応援の望めないレースだったので、すごく嬉しい。

突き当りを左折。
すると、前方で井出浩一さんがカメラを構えてくれていた。
京都里山トレイルフィニッシュ
(写真提供:井出スポーツ)

この後、すぐにフィニッシュ。
1時間32分25秒(速報値)
またボタンを押し間違えたのでずれているが、SUUNTOの記録。
LAP20120526.jpg

後から聞いたところでは、迷わずに走ると8kmちょっとだったらしい。
1kmぐらいは迷ったということなんだろう。

そしてSUUNTO Ambitで取得した地図。
SUUNTO Ambitの地図は初公開ですよね。
MAP20120526.jpg

僕は京都に土地勘がないので、この地図を見て初めて判ったんですが、金閣寺やら立命館大学のそばを走ってたんですね^^

高度も。
高低差20120526

うひゃー。
コレはキツいはずだわ。

しかし、めちゃくちゃ楽しかったです^^

主催者、スタッフ、一緒に走ったランナーのみなさんに感謝。
ありがとうございました^^

この京都里山トレイル。
早くも2回目の大会が決まっています。
9月22日(土)に、東山の将軍塚周辺にて開催予定。
どうやら、京都のあちこちの里山で開催していくみたいですね^^
面白いじゃないですか^^

僕は、ぜひ出たいと思っています。
トレランに興味のある方。
この夏、山の練習をして、第2回大会に出てみませんか?

山はいいですよー^^

第1回京都里山トレイルランのレポ、以上で終了です。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました^^

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(8) | トラックバック(0)
2012-05-31 00:21 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

突然ですが…。

♪たくさんの人に1億当たるのどうですか~賛成!

耳について離れません。
ほとんどテレビを観ない僕ですらです。
何とかしてください(笑)


今夜も仕事のあと、整骨院に寄ってきました。
腰の状態は、一時期のことを思うとかなり改善しています。
しばらく走れませんでしたからね。
疲れると、少し痛みが出るんですが、我慢できないほどのものではなく…。

整骨院通いはやめられませんが、少し頻度を落とすことを検討中。
整骨院に寄ると、走る時間が減るんですよね。

で、今夜は帰宅後、少し走ってきました。

走り始めは脚が重かったんですよ。
これ、ランオフ明けによくなるんですが、なかなか進まない感じ。
5kmぐらいまでは、しんどかったです。
でも、その後は徐々に楽になってきて、7kmぐらいからは脚も軽くなりました。

最後はしっかり上げて、予定より少し長く走ってます。

本日のRUN 12.1km 1時間03分10秒
         5分13秒/km 11.5km/h

今夜も、SUUNTO Ambitでとったラップも。
LAP20120530.jpg



さて、京都里山トレイルランレポの4日目です。

まずは、地図の再掲から。
地図

地図の下のほう、◎と△が書いてあるところがスタート&フィニッシュです。
前記事と同じく、【数字】と書いてあるところは、地図とリンクしますので、ご了承ください。

現在位置は、【15】です。
では、どうぞ。

このあたりから、周りにランナーの数が増えてくる。
山を走った経験の有無が、スピードに現れてくる感じ。
抜きたいのだが、狭い道が多く、なかなか思うように行かない。

ようやくいい感じで走れるようになってきたと思ったとき、僕の前を行くランナーが、コースを間違えている印の黄色いテープを見つける。

ランナーが多いので、集団で引き返す。
地図を見てもよく判らない。
集団遭難?(笑)

どう考えても、黄色いテープがあった道で合ってるんじゃないの?
このテープ、主催者が用意したのとは違うヤツじゃない?

地図を見る限り、黄色いテープがあった道が正しそうということで、そちらに進むランナーが出始める。
他に行けそうな道もないので、僕も続いた。

しばらく走って、【16】を発見!
一同、胸をなでおろす。

さらに【17】へ。
京都里山トレイルポスト

【17】からは、再び舗装道。
【18】から、また山へ。

ここからの山道が、一番しんどかったかな。
道は細いし、傾斜はキツいし。
こんな感じ。
京都里山トレイルコース3

【21】から【22】に向かうところで、前から男女のランナーが引き返してくる。
女性のほうが、「この地図でこの勾配はおかしい。絶対に間違ってる」と。

ちゃんと訓練すれば、そこまで地図を読めるようになるのかと感心。
知ってるところだけじゃなくて、地図を見ながら知らないところを走る訓練も必要ですね。

【23】の手前で、前方に景色が見えてくる。
京都里山トレイルコース4

そして街を見下ろせる場所に出た。
京都里山トレイルコース5

今回のコースで、一番景色のいいところ。

ここから【26】に向け、また山を上っていく。

今夜はここまで。
次回、たぶん最終回です。

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)
2012-05-30 00:00 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

昨日に引き続き、今日も全国的に荒れた天気になったようですね。
大阪でも、夕方に空が真っ暗になって、カミナリがゴロゴロ鳴ってました。
Twitterを見ていても、あちこちでゲリラ雷雨になったようです。
娘は下校中に雨に遭ったらしく、びしょ濡れになったと言ってました。


ところで今日、僕はランオフ予定。
仕事が終わってから整骨院に行って、その後ドラッグストアでいくつか買い物してきました。
今夜、僕が買ったもののひとつがこれ。


山に行くと虫が寄ってくるので、何か対策をしないといけないと思ってたんですが、虫よけスプレーってベタベタするし、汗で流れそうじゃないですか。
なので、気になっていたこれを購入。
次に山に行くときに、試してみるつもりです。

とりあえず、ひとつ(2個入り)買ってきたんですが、効果は半径約30cmらしいので、いくつか買ってバックパックなんかにもつけると、効果があがるかも知れませんね。
これについては、また続報を書きますね。



さて、引っ張りすぎ(苦笑)の京都里山トレイルランレポ。
今日は3日目です。

今夜は、ようやくスタート。
では、どうぞ。

スタートラインに並ぶ僕を、井出浩一さんが撮影してくれました。
京都里山トレイルスタート
(写真提供:井出スポーツ)

怖い顔してますねー(笑)
コワモテの本領発揮です。
あんまり見ると、夢に出ますよ(笑)

僕の順番は、あっと言う間に回ってきて、前の人が出た30秒後にスタート。
スタート直後に、連写モードで撮影した写真。
京都里山トレイルスタート直後
(写真提供:井出スポーツ)

井出さん、せっかく撮ってもらったけど、普通のほうが…(笑)

ここで昨日のおさらいです。
主催者から配られた地図を再掲しておきますね。
地図

地図の下のほう、◎と△が書いてあるところがスタート&フィニッシュです。
以降、【数字】と書いてあるところは、地図とリンクしますので、ご了承ください。

まずは仁和寺の周り、舗装道を走ります。
最初に左折して、北上するところからが舗装道になってます。
30秒前にスタートした人も見えているので、追いかけていきます。
一緒にスタートした方は、結構走力がありそう。
僕は腰痛明けで練習不足だったので、徐々に離されていきます。

【2】と【3】の間、右折するところで、すでに迷いそう(苦笑)
早くも迷っている人もちらほら。

それでも、このあたりはランナーも多く、ついていくことでなんとかなるんですよね、
【6】のあたりから、山に入っていきます。
京都里山トレイルコース1

ここからの写真は、走りながら、歩きながら撮っているので、ブレているものもあります。
でも、それがいい臨場感を出しそうなので、そのままアップします。
僕目線でお楽しみください。

手前に写っている方が、僕と一緒にスタートした方なので、ここまでなんとかついてきました。
しかし、山に入って急勾配を歩いて上っていても、明らかに差があるんですよ。
僕は練習不足から、早くもゼイハア言ってるんですが、他のランナーの呼吸は普通なんですよね。

これが、コースが合っている目印の赤白テープ。
京都里山トレイル赤白テープ

テープは1種類だけじゃなくて、荷造りをするような薄いビニールのテープが使われているところも。
要は、赤系がOKで、黄色系がNGです。

上りは歩いて、平坦なところと下りは走ります。
しばらく山道だったんですが、里山と言いながら、結構アップダウンがあります。
でも、このあたりは、全然迷うような感じじゃなかったんですよね。

上の写真で前を行くふたりには離されていきますが、いいタイミングで他のランナーに出会ったりもして、迷わず走れています。

そして、【12】で一旦舗装道へ。
京都里山トレイルコース2

山に入ったときに前にいたふたりは、すでに見えません。

【13】から、再び山に入ります。
【14】の手前で、このレース唯一の写真撮影。
でも、ポーズとる余裕はなかったなぁ。

【14】を過ぎてすぐのところが難しかったんですが、道を間違えたランナーが前から戻ってきて助かりました(笑)
実力だけではない、運にも左右されるところも面白いですね^^

大きなコースロストもなく【15】に到達。
しかし、山のアップダウンがキツく、すでにやめたくなってました(苦笑)
ここでコースの半分ぐらいですね。

今夜はここまで。

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(6) | トラックバック(0)
2012-05-29 00:00 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

奈良マラソンにエントリー希望だった方、無事にエントリーできましたか?
どうやら、フルマラソンは初日で定員に達したようですね。

ツイッターではリアルタイムに、エントリーできたというつぶやきが多数^^
かなり多くの方がお越しくださるようで、すごくうれしいです。

我が家からは、娘が土曜日に3kmに出場。
僕が日曜日にフルマラソン出場となります。

僕は第1回大会から、3年連続3回目の出場。
娘は昨年から、2年連続2回目の出場です。

そして僕は、今年初めてニックネーム入りのナンバーカードに。
「おっとー」と書かれたナンバーカードをつけて走ります。

9時からのエントリー開始だったんですが、朝からPC前に待機して、9時10分にはエントリー完了。
今回は、すごくうまくいきました^^

変に時間が空いたので、スーパー銭湯でまったり^^
いい休日になりました。

エントリー合戦に参加されたみなさん、お疲れさまでした。
奈良でお会いしましょう^^


ところで、今日は全国的に、荒れた天気になるという予報。
みなさんのところは、いかがでしたか?

奈良は午後から、天気急変の可能性ありという予報だったんですが、僕の住んでいるところは大丈夫でした。

ということで、今夜も走ってきましたよ。
明日はランオフの予定なので、坂コースで負荷をかけることも考えたんですが…。
過去記事を見ると、坂コースを走った翌日に腰痛が悪化していることもあって、まだ腰は万全じゃないので断念。
いつものコースを走ってきました。

ゆるジョグから入って、久しぶりに最後はペースアップ。
7kmのアラームから10kmのアラームまでビルドアップする感じで。

腰痛明け、少しずつでも戻ってきている感じは嬉しかったです。
最後0.8kmはダウンジョグで。

本日のRUN 10.8km 56分43秒
         5分14秒/km 11.43km/h

今夜はラップも載せておきます。
LAP20120528.jpg



さて、それでは、京都里山トレイルランのレポ2日目。
昨日はスタートすらできなかったんですが、今夜はどうなるんでしょうか?(他人事?)

では、どうぞ。

まずは、今回娘が描いてくれた応援カード。
京都里山トレイル応援カード

今回は、いつもより小さい紙。
応援ボードとまではいかないので、応援カードです。
塗りつぶしてあるところには、僕のファーストネームが(笑)

いつもこうやって応援してもらえるというのは、嬉しいものですね^^

そして裏には…。
京都里山トレイル応援カード裏

ちょっとキュンとしました…。

それでは、受付でいただいた今回の地図です。
地図

僕は今回が初めてのトレイルラン大会だったので、他と比べようがないんですが、周りの人の声やネットでのレポを見ていると、他のトレイルランとはちょっと違うという声が多かったです。
京都オリエンテーリングクラブというところが主催していることもあって、かなりオリエンテーリング色が強いという評価になっていますね。

クリックで地図を拡大していただけるとわかると思うんですが、丸印と数字がいくつも書いてあります。
で、この丸印のところに、オリエンテーリングのポストがあって、これを目印に進んでいくんですね。
ポストってのは、こういうやつ。
見たことあるでしょ?
ポスト

マズいな…。
こんな説明書いてたら、今日も走り出せないんじゃないの?(苦笑)

しかし、これを書いとかないと、わかんないもんね。

まぁいいや。
今日も走り出さないと思ってください(笑)

で、続きね。
ポストのところ以外にも分岐があるので、地図をしっかり見ながら走らないと、コースロストしてしまうんですよね。

トレイルラン初心者向け大会と言う触れ込みでしたが、かなり地図を読む力を要求されます。
でも、それが面白かったりもするんですよね。

走ってるコースが合っているかどうかは、コースに設置されてるテープで確認。
正しい道を走っていれば赤白のテープが出現し、間違った道に進むと黄色いテープが出現します。
黄色いテープが出てくれば、コースロストしているということ。
引き返して、正しい道を探します。

ルールはこんな感じ。
コンパス持って走らないと、かなりキツいです。

今回の僕の格好は…。
ウェア1ウェア2
(応援に来てくれた井出浩一さんに撮ってもらいました。)

前日に受け取ったばかりのTeam☆MTシャツ。
やはりバックパックを背負うと、ネームが見えませんなぁ(笑)

そして、もう少し長さが欲しい感じ。
もう1サイズ上が良かったのか…。
一般的なサイズとは少し違うので、難しいです。

ちなみに、バックパック背負ってないとこんな感じ。
ウェア3

こうやって写真を撮ったり、トイレに行ったり、準備をしているうちに時間は過ぎていき…。

ちいさな大会でもあるので、スタート前もほのぼのした雰囲気。
荷物も、放置しても大丈夫そうな感じだったので、井出さんにも「見てなくていいよ」と。

スタートは、30秒毎にふたりずつ出て行くウェーブスタート。
先頭は12時50分スタートで、僕は13時すぎでした。
これも、オリエンテーリングの形式のようですね。

あっと言う間に僕のスタートに。
ドキドキとワクワク。
初めてのトレイルレース。
いよいよ走り始めます。

やっぱり走り出せなかったか(笑)
今夜はここまで。

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(16) | トラックバック(0)
2012-05-28 00:46 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

今日はいろいろ書くことがあります。

まず、何度かお知らせしている奈良マラソンですが、日付変わって今日、26日の午前9時からエントリー開始です。
僕は休みを取ってるので、朝から自宅PC前待機です(笑)
先着順なので、頑張れば出場できます。
奈良でお待ちしています。
ぜひ、お越しください^^


続いて神戸マラソン2012。
僕が遊び回ってる間に、エントリー者数が発表になっていました。
相変わらず、「神戸マラソン 倍率」での検索が多いので、これも載せておきますね。

まずはエントリー数。
フルマラソンは、個人・グループ合計で、75,173人(昨年比 +9,239人)。
クォーターは、8,426人(昨年比 -3,061人)。

フルマラソンの定員は、18,000人。
クォーターの定員は、2,000人。

倍率は、フルマラソンが約4.18倍(昨年比 +0.52倍)。
クォーターが約4.21倍(昨年比 -1.53倍)となります。

フルマラソンの倍率、4倍超えたか…。
ちょっと厳しいですね。

発表は6月末。
当たりますように…。


もうひとつ。
レースの翌日でどうしようかと思ったんですが、山とは言え10km足らず。
ということで、走ることにしました。

昼間は暑かったですね。
京都では30度を超えたとか…。

昼に走ると体力消耗するので、夜になってから走りました。
軽く10kmぐらい?とも思ったんですが、久しぶりにLSDすることに。

LSDなら、最低でも150分は走りたいと思ってるんですが、腰痛から復帰して間もないので、今夜は120分目処にしました。

夜になると涼しくなりますね。
かなり走りやすかったです。
近くの河川敷コース。
1周1.88kmとココロ折れるんですが、信号もないし車も来ないし、夜にゆっくり走るにはいいところなんですよね。
今日は昼間暑かったからか、夜に走ってるランナーをたくさん見ました。

家からの往復も含めて、約120分です。

本日のRUN 18.5km 2時間00分29秒
         6分30秒/km 9.2km/h

SUUNTO Ambitの記録サイトでは、長い距離になるとラップが1画面に収まらないんですよね。
今後、公開するかどうか、ちょっと考えます。
とりあえず、今夜はなしで。



さて、相変わらず前置きが長いんですが…(苦笑)

今日から、京都里山トレイルランの詳細レポを書きます。
そんなに長く書くつもりはないんですが、長いことで有名な僕のレポ(笑)
どれぐらいになるか、見当がつきません。
とりあえず、始めてみますね。

レース開始は午後から。
朝は薄曇りだったが、晴れる予報。
前日に呑みすぎたせいか、お腹を壊している。

ある程度の準備は終わらせていたので、最終確認をして、9時すぎに家を出る。
近くて遠い奈良と京都。
乗換案内で検索すると、2時間以上かかるらしい。
しかも、奈良と京都は接しているのに、僕の家から会場までは、大阪経由で行くほうが早い。
途中、早めの昼食を摂っておきたかったので、少し早めに出発。

わざわざ応援に来てくれるという井出浩一さんに、到着予定時刻をメール。

JRで大阪駅へ。
阪急電車に乗り換え、梅田から西院まで。
西院で早めの昼食。
そして西院からは、嵐電(らんでん・京福電鉄)に乗車。
途中、路面電車になる区間がある、いわゆるチンチン電車。
なかなかに趣がある。
のんびりと会場に向かう。
嵐電

会場の最寄は、御室仁和寺(おむろにんなじ)駅。
どうです。
この風情ある駅。
御室仁和寺駅

会場は、仁和寺境内にある広場。
仁和寺は、京都マラソンのときにお坊さんが応援したことがニュースになってましたね^^
仁和寺

この、門の前の道が京都マラソンのコースです。

門をくぐって境内に入ると…。
案内

手作り感満載です^^

矢印のほうを見ると、そこに受付がありました。
地図とナンバーカードを貰ったんですが、ナンバーカードが紙なんですよ(笑)
手書きで番号が書いてある。

紙って…。
汗で破れたり、ナンバーが消えたりしないの?
かなり不安になりながら、ナンバーカードを装着。

受付が終わってすぐ、井出さんとも無事に合流。
朝から走ってたそうで、バックパックも背負ってたけど、出場しないという(笑)

長くなってるので、今夜はこのへんで。
やっぱり走り出せなかったか(苦笑)

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)