-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-18 00:49 | カテゴリ:RUN
こんばんは。おっとーです。

昨夜の前記事にも書いたように、今日は早朝出勤。
いつもより1時間早く出ました。

何度か書いていますが、僕の職業はSEです。
今は、某大手保険会社のシステムに携わっています。
ここは長くて、今月末で丸7年になります。

コンピュータシステムというのは、日々変更されていくもので、みなさんがあまり意識していないもの、例えば銀行のシステムや列車運行システムなども、変わっていないようでも細かい変更が入っています。

ほぼ独占状態のPCソフトウエア会社は、バグ(不具合)のあるシステムを平気でリリースしてきたりするんですが、僕の場合はそうもいきません。
保険会社ともなると、システムに問題があると金融監督庁が乗り出してきますし、できる限り完璧な状態でリリースする必要があります。

システムを新設したり変更したときには、リリース後にも確認を行っています。
今朝、早朝出勤したのは、リリースしたシステムの正当性を確認するためだったという訳です。

この早朝出勤、若い頃はそうでもなかったんですが、最近はかなり辛くなってきました。
たかが1時間なんですが、早く起きる辛さと、システム本番の緊張感で、結構なダメージを受けます。
だいたい週末まで引きずることが多いですね。
金曜だとすぐに週末なので、まだ楽なんですが、月曜はキツい(苦笑)

そんな訳で、今日は疲れて帰ってきました。

今夜は走る予定で、そのつもりで帰ってきたんですが…。

早朝出勤の疲れに加えて、今日は腰痛が出ていまして。
2日続けてボトルポーチ提げて走ったからか、日曜日の(僕にとっては)速いペース走が堪えたのか、朝からそこそこ痛かったんですよ。

僕はもともと腰痛持ちで、今回の痛みはそれほど酷いものではないんですが、大阪マラソンが迫ってきた今、無理をして悪化させることは避けないといけないので、今日はランオフに。
今週は、水曜日をランオフにする予定だったんですが、今夜と入れ替えることにします。

と、ここまでがランオフの言い訳でした(笑)



さて、タイトルの件を。

ここまで、大阪マラソンでのサブフォーを目標に掲げてきました。

7月から月間走行距離を300km以上にして、「量」を重視した練習をしてきたのもそのためです。

「サブフォー目標なら走りすぎ」といったご意見もいただきましたが、走るのは僕なので、僕のやりたいようにさせてもらってここまできました。

本当は、大阪マラソンできっちりサブフォーを獲って、それから言うつもりだったんですが、日曜日の練習で思いのほか良いタイムが出たので、もう言ってもいいだろうと判断し、この記事を書くことにしました。

大阪マラソンでのサブフォーのその先です。

走りすぎと言われても距離をこなしてきた理由、それは見据えているものがサブフォーだけではないからです。

サブフォーも獲っていないのに、こんなことを言うと笑われるのかも知れませんが、僕はサブスリーを見ています。
年齢的なものもあって、あまりゆっくりもしていられないので、それなりに急ぐつもりです。

今の目標は…。

2011年10月 大阪マラソンサブフォー。
2012年4月  とくしまマラソンで3時間半。
2013年春   とくしまマラソンでサブスリー。

とくしまマラソンをターゲットにしたのは、アップダウンが少ない陸連公認の大会だからです。
関西のレースはアップダウンの大きい大会が多いですし、抽選のレースを勝負レースにする訳にはいきませんからね。

奈良マラソン以外は、同じレースに2回エントリーしないつもりでしたが、とくしまマラソンだけは例外にします。

そんな訳で、大阪マラソンでのサブフォーは絶対に落とせないと思っています。
正直、こんなところでつまずいてられません。

1年半後には、市民ランナーの3.3%しか辿りつけないというサブスリーの聖域へ。

これからも、僕の練習は「量」重視です。
僕自身は、「質」の前に「量」ありきだと思っていますから。

今後も、僕は練習を全て公開します。

ほとんどスポーツをしてこなかった40代のおっさんが、サブスリーに辿りつけるのか?

応援していただけると嬉しいです。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(18) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/158-9d21c554
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。