-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-13 00:35 | カテゴリ:奈良マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

奈良マラソンバブルです(笑)
昨日、今日と、アクセス数がすごいことになってます。

左サイドバーに設置している「都道府県別アクセス」では、奈良県の伸びが顕著です^^
応援クリックも、普段より多くいただいています。
ありがとうございます。

前記事にも書いたように、脚にはほとんどダメージが残ってないんですよね。
昨夜、レース後にいただいたアミノバイタルのサプリやら、MUSASHIのNIやら、回復系のサプリを惜しみなく摂ったからかも知れません。

今日はゆっくりするつもりで、風邪気味でもあるので睡眠時間も確保しようと思ってたんですが、朝は8時すぎには起きて朝食。
その後、ブログを更新しました。

それから、ふと思いついて、娘のために完走メダルを製作。

大阪マラソンのあと、娘が僕に完走メダルを作ってくれたことは、以前、記事にしたとおりです。
昨日は娘も走ったのに、種目が違うせいで完走メダルがないので、作ってやろうと^^

大人が作った割にはたいしたことない(笑)ので、写真は載せませんが、学校から帰って来た娘にかけてやると、すごく喜んでくれました^^
井出浩一さんに持ってかれそうになった娘の心、少しはつなぎ止められたかなぁ(笑)

昼食後、フルマラソン翌日恒例のスーパー銭湯へ。
近くの「天然温泉 虹の湯」です。
虹の湯

ジェットバスや打たせ湯で身体をほぐしたり、のんびりお湯に浸かったり。
昨日、頑張ってくれた身体にご褒美です^^

風呂あがりには。
コーヒー牛乳

一旦帰宅したあと、先日注文したシューズを取りにお店へ。
ついでに、安くなっていたシューズをもう1足買っちゃいました。

まぁ、2足合わせても、少し高めのシューズ1足分ぐらいの値段になってたので、いい買い物でしょう。
走り始めた頃から履いていた2足のシューズが限界だったので、入れ替えることにしました。

どちらも長く履いているので、それなりに愛着はあるんですが、置いておけるほどのスペースがある訳ではないので、サヨナラです。
最初のレース、初フルを走ったシューズのほうは、特に寂しいです。
ずっと頑張ってくれたので、感謝して…。

シューズを買って帰宅すると、もう夜ごはんの時間。
何だか、ばたばたした1日でした。

夜ごはんのあたりから、疲れて眠いです(苦笑)



そんな訳で、体調イマイチで頭が回ってないので、奈良マラソンの詳細レポは明日からにします。
楽しみにしてくださってたみなさん、申し訳ありません。

今日は番外編です。
いきなり番外編っておかしい?(苦笑)

今日、娘と奈良マラソンの話をしていました。

娘の走った3kmの部。
僕はフルを走っていて、まったく観ることができなかったので、いろいろ訊きたかったんですよね。

おっとー「それにしても、歩かんと3kmもよう走ったよなぁ」
娘「うん。坂とかめっちゃしんどかってんけどな、絶対歩かんとこうって思ってた」
おっとー「え?3kmコースにも坂あったん?」
娘「あったで」
おっとー「それで歩かへんってすごいな」

ここで嫁が、会話に参加。

嫁「だって歩いたらなぁ」
娘「…」
おっとー「え?歩いたら何なん?」
娘「何でもない」
おっとー「えー、教えてよ」
娘「だって恥ずかしいし」
おっとー「お母さんは知ってるけど、お父さんには内緒なん?」
娘「じゃあ言うわ。『歩いたらウルフカット』と思って走っててん」
おっとー「え?」

ちょっと説明が必要ですね。

僕はほとんどTVを観ないので、よく知らないんですが、どうやら某TV番組で、アイドルに向かって「できなかったらウルフカットね」というくだりがあったらしく、娘は歩いてしまった場合の自分への罰ゲームを考えながら走ってたらしいんですよ。

走りながら、「歩いたらウルフカット」と呪文のように繰り返しつぶやいてたんだとか(笑)
すごい頑張り方です。

小学3年生って、こんな考え方するもんなんでしょうか?
僕はすごいウケたんですが、この面白さ、伝わるかなぁ。

しかし考えてみると、歩いた場合の罰ゲームを決めて走るというのは、僕が見習うべきなのかも知れませんね(苦笑)

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(16) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/222-fbe461d0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。