-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-12-23 01:36 | カテゴリ:奈良マラソン2011
こんばんは。おっとーです。

僕のブログを長く読んでくださっている方は、今年の秋口、僕が血尿に悩まされたことを覚えてくださってるかも知れませんね。
僕にとって、強烈な印象が残っている出来事です。
(関連記事:血尿?トレーニング後に赤い尿が出た

最初に出たのは9月13日。
右サイドバーの検索フォームから「血尿」で検索していただけるとわかりますが、その後も何度か出ています。

最初は楽観してたんですが、何度か出たので怖くなり、9月24日、ようやく病院へ。
(関連記事:30km走翌日の150分LSD

関連記事、とても病院に行ったようなタイトルじゃありませんが(苦笑)

このとき、血液検査してもらったんですが、その後、血尿が出なくなったこともあって、気になっていながら結果を訊きに行けてなかったんですよね。

昨日、帰宅すると、その病院から封書が。
血液検査の結果を、送ってきてくださいました。

何て良心的な病院なんでしょう!
今まで、こんな経験ないですよ。

まぁ、血尿が出なくなっていたので心配はしてなかったんですが、結果は特に異常なし。

3か月もかかりましたが(苦笑)、ご心配いただいたみなさん、大丈夫でした^^


で、今夜なんですが…。

一応ね、走るつもりではいたんですよ。
走らないと、月間走行距離が危なくなってきてるので。

でも、昨日調子に乗りすぎたのか、左脚のひざ裏あたりに、軽い痛みが…。
そんなに酷い痛みではないので、無理をしなければ故障に発展することはなさそうな感じなんですけど。

それでも、強度を下げて走るつもりで帰って来たんですが、帰宅は21時半を過ぎていて、しかも寒くて。
左脚の違和感を言い訳理由にして、サボりたい休みたいなと。

結局、ランオフにしてしまいました。

明日は、家族と出かける予定なので、夜に走る予定。
脚の状態と相談して決めることにします。



さて、それでは奈良マラソンレポ9日目です。

たのくるさんからは、「あと10回ぐらいお願いしますね。」なんてコメントをいただいてますが、さすがにそこまではいかないと思いますよ。
あと17kmほどですしね。

公式の奈良マラソンコース図は、コチラからどうぞ。

現在は、25km地点。
スタートから一番遠い折り返し手前です。

では、どうぞ。

25kmを過ぎ、天理大橋北詰交差点で折り返し。
ここまでネットタイムで2時間15分ほど。
かなりいいペースできている。

次の給水で、MUSASHIのNIを摂る準備をする。

天理教総本部の折り返しには、ぜんざいエイド。
でも、僕は止まりたくなかったのでスルー。

その後の給水で立ち止まり、NIを水で流し込む。
マズい(苦笑)

しかし、これの効果がすごいことは知っているので、我慢して飲み込む。
実はこれが、僕のNI初体験だった。

再び走り出し、来た道を戻っていく。
この先、またあの坂が待ち構えていると思うと辛い。

NIを摂るために立ち止まったので、26kmのラップは少し時間がかかっている。
しかし、28kmまでのラップは悪くない。
前半で貯金がある。
まだ、充分間に合うはず。
ラップ26_28奈良2011

28km。
いよいよ復路の坂が始まる。
ふたたび、3kmかけて70mほどを上っていく。

昨年は、この坂に入ってすぐに脚が止まった。
今年は負けるわけにはいかない。

「絶対歩かない!絶対歩かない!」と思いながら走る。
しかし、後半の疲れもあって、走っても走っても前に進まない感覚。
ラップも極端に落ちる。

30km手前、右の足裏が攣る。
足の指が、変な方向を向いているのがわかる。
でも、「気のせい。攣ってない」と言い聞かせ、そのまま走る。
意外と治まるもんだ。

30kmすぎ。
走り続けることができなくなった。
あまりにキツい坂に負け、ついに歩いてしまう。

今回、正直サブフォーは難しいだろうなと思っていた。

大阪マラソン後、腰痛や風邪で思うように走れず、大阪マラソンで出た課題を克服しないままの見切り発車だったこと。
去年も走った奈良マラソンのコース、厳しさを知っていたこと。

サブフォーできなかったら、仕方ないなと思っていた。

「そんな気持ちだからできないんだ」
そう言われたら、そのとおりかも知れないけど。

でも、今回思っていたこと。
大阪マラソンのように、途中で気持ちが切れるようなレースはやめよう。

大阪マラソンは、走り終わってものすごく後悔した。
出し切ったとは言えなかった。

今回の奈良マラソン。
万全の状態でないのは仕方ない。
でも、その中で、出せるものを全部出そう。
フィニッシュラインを越えたときに、「出し切った」と言えるように走ろうと。

ここからは、ホントに何度も歩いてしまったけど、沿道の声援にも押されて、僕自身の気持ちも切れずに、歩いてしまっても走り出すことができた。

三輪そうめんエイドがあったが、それにも目を向けず、フィニッシュラインを目指す。

それにしても、いつも30kmあたりに壁があるのは、スタミナ不足なのか、精神的なものなのか。
スタミナのほうは、対策することができるはずなので、篠山に向けてしっかり走り込みたい。

31km。
坂を上りきった。
ここからは、35kmまで下り。

下りの途中で、今ノ葉狂志郎さん再び。
昨年もそうだったが、ずっと応援してくれている。
ありがたい。

しかし、ペースは上がらない。

大阪マラソンに比べると頑張ったと思うが、走っては歩き、歩いては走りの繰り返し。
走り続けられないことが辛い。
ラップ29_35奈良2011

今夜はここまで。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/232-4e32dbce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。