2012-01-16 00:01 | カテゴリ:RUN
こんばんは。おっとーです。

前記事に書いたように、今日は娘が習っている空手の昇級試験でした。

去年から習い始めたんですが、今日が初めての昇級試験。
白帯から、オレンジ帯への挑戦です。

本人は、朝から気合が入っていて、見ていて頼もしかったです。

自分の娘のことを良く言うのも何ですが、何にでも真面目に取り組む性格なので、頑張った成果として、良い結果が出るといいなと思っていたのですが、結果は見事に合格^^
結果がついてくると、モチベーションも上がると思うので、これからも楽しみです。

写真を何枚か撮ってきたんですが、載せるのはやめておきます。
ここから、ちょっと文句を書くので、特定できないように(苦笑)

昇級試験があったのは、奈良県の本部。
同じ奈良県内ですが、混んでいたら、車で2時間ぐらいかかるんじゃないかというところ。
途中からは、あまり土地勘もないところでした。

12時開場の13時開始。
昼食も摂らないといけないので、10時前には家を出ました。

11時すぎには、本部近くの道の駅に到着。
食事をして、余裕を持って会場入りできました。

終了予定は17時。
いろんなレベルの昇級試験を一斉にやるので、4時間の長丁場です。
開場からだと、5時間いることになりますね。

本部は、プレハブの道場で、いすはほとんどない状態。
昇級試験を受ける子ども達と、その親が集まっているので、かなりの人数です。
そしてプレハブのせいか、足元がめちゃくちゃ寒い。

試験は白帯から始まって、徐々に色の濃い帯に。
一周したら、また白帯から、違う種類の試験といった具合。
そして、結果は最後に発表されるので、途中では帰れないんですよね。
前記事に「1日仕事」と書いたのは、そういう意味です。

まぁ、それでも、17時に終わるなら、食事をして帰ってきても、20時には帰れるだろうと。
それなら、1時間半ぐらい走ろうと思ってたんです。

最後までいないといけないのは、レベルの高い先輩の試験を見せるという意図もあるんだろうなと、素人ながら思ってましたしね。

ところが、試験は押しに押し、終わったのは19時前。

これ、どう思います?

時々書いていますが、僕は1日、24時間では足りないと思っています。
時間を捻出するために、TVはほとんど観なくなりました。
あとは、睡眠時間を削っているような状態です。

2時間あったら、いろんなことできますよね。
2時間って、ものすごく貴重な時間ですけど。

いや、わかりますよ。
指導に熱が入って、時間が延びることもあるでしょう。
いいかげんな指導をされるよりはいいです。

でも、それなら、最初から19時までって言えばいいんじゃないの?
17時終了予定って聞いたら、そのあとの予定を考えますよね?
押しても30分が限度じゃないの?

娘が空手を習っているのは、始めたときから娘の意志です。
僕自身、身を守る術を身につけて欲しかったのと、精神的な面からも、武道をやることはいいだろうなと思っていたので、習うことに賛成しました。

実際、練習を見に行ったこともありますが、先生の指導を見て、話を聞いて、習わせて良かったなと思ってたんです。
今日も、いろいろといい話をされてたんですが…。

時間の大切さがわからないというのは、非常に残念です。

僕の常識では、2時間という時間は、何の断りもなく他人から奪っていい時間ではありません。

見ている僕にはわかりませんが、試験している側は、17時の時点で、あとどれぐらいかかるか想像できたはず。
それならなぜそこで、「あと2時間ぐらいかかりますけど、大丈夫ですか?」と言えない?
なんの断りもなかったことが、僕が一番頭にきていることです。

何度も経験してる人には想像できるだろうから?
初めての人も、何人もいるでしょ?

僕が言ってること、おかしいのかなぁ。

僕は武道の昇級試験自体、初めての経験なんですが、こんなもんですか?

椅子もないようなところで7時間も軟禁(苦笑)され、僕の腰と背中は悲鳴を上げました。
足元は最後まで寒く、風邪はほとんど治りかけていたはずなのに、帰ってきてから少し咳が出ています。

何の修行?(笑)

結局、途中で夜ごはんを食べて、帰宅したのは21時前。
疲れもあって、とても走る気にはなれませんでした。

明日は、仕事帰りに寄らないといけないところがいろいろあって、帰宅が遅くなるので走れないんですよね。
あぁ、また今月のラン計画立て直さないと…。

あーあ…。
なんだか、ただのグチ記事になっちゃいましたね。
すみません。

では、また。

2月11日(祝)
いかるがの里法隆寺マラソンの打ち上げ参加者募集しています。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/258-b313ce8a