-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-04-26 00:00 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

今日の関西は、昨日よりも更に暑くなりました。

天気予報を見て、僕は上着を着ていかないことを選択。
正解でした。
明日は雨が降って、気温は今日より10度近く下がる予報。
このあたり、服装でうまく調節しないと、風邪ひきそうで怖いですね。
みなさんもお気をつけください。



さて、とくしまマラソンのレースレポ、3日目です。

長い前振りが終わって、今日からようやくレース編。
お待たせしてすみません。
ま、いつものことなので、みなさんそんなに気にしてませんよね(笑)
3回目で走り始めるというのは、いつもより早いぐらいで。

走り始めるということで、ARESで取った地図データを載せておきます。
(いつものようにクリックで拡大します。)
MAP20120422.jpg

現在位置は、号砲が鳴ってスタートラインに向かうところ。
では、どうぞ。

スタートラインまでのタイムロスは1分弱。
高橋尚子さんに手を振って、スタートラインを越える。

スタート地点は、片側2車線の道路だが、2車線は車を通しているため、走れるのは2車線のみ。
1万人規模の大会にしては狭い。
想定しているタイムロスは、渋滞分も合わせて3分。
あと2分で、渋滞を抜けられるか?

あれだけ出場を迷っていたのに、タイムを狙おうとする僕がいた。
このあたりは、本能なのかな?

スタート直後は市街地を走る。
このあと走った吉野川沿いのことを思うと、市街地の風はましだった。

走りはじめてすぐ、塩分チャージタブレッツを持つことを忘れていることに気づく。
バナナといい、ジェルといい…。
天気が気になりすぎて、いろんなことを忘れていた。
開催するかどうかを気にして、何もしていなかった時間が長かったせいで、時間に余裕がなくなってしまったことも原因。
たぶん、初遠征ということも、原因のひとつだろう。
この寒さなら、そんなに汗をかくこともないだろうから大丈夫か。

入りの1kmは、6分29秒(ARES計測)。
20kmまでは、5分/kmのペース想定なので、使えるロスタイムは残り30秒しかない。

次の1km。
5分10秒。
ようやく走りやすくなってくる。

このあたりで、阿波しらさぎ大橋へ。
25日に開通するという橋を、ランナーが走り初め。

橋の上は、予想通りの強風。
ランナーの足音や息遣いは聞こえない。
聞こえるのは、ビュンビュンという風の音と、バタバタというカッパやポンチョがはためく音。
今までに経験したことのない、異様な雰囲気。
強風だが、追い風なので強く背中を押され、スピードがあがる。

ちなみにこの日、徳島市では正午前に、最大瞬間風速22.5mを記録したらしい。

橋を渡り終えて左折。
左側に吉野川を見ながら走る川沿いコース。
左斜めうしろからの追い風。
追い風というのは、相当強くないと体感しないもの。
その追い風をものすごく感じる。
カッパのフードが、風に押されて顔の右にくる。
うっとおしい。
追い風に押され、自然とペースが上がる。
想定よりも早いペースに。

吉野川沿いに入ると、沿道で応援してくれている人たちが。
こんな天気の中、出てきてくれなくてもいいのにと思う。
ハイタッチしてくれる人もいる。
子どももたくさん。
すごく嬉しくて、何度も「ありがとう!」と言った。
何度か、涙が出てきた。
今でも、思い出すと泣ける。

3.7km。
最初の給水。
飲もうと思った水が、風で横に飛んでいく(笑)
こんな経験したことないよね。
紙コップは飛び交い、ボランティアのみなさんは、本当に大変だったと思う。
改めて、本当にありがとうございました。

ランナーズアップデートによると、10kmの通過タイムは50分56秒。
追い風の影響で、想定よりも早くなっている。

10km地点には計測マットがあったのだが、強風にはためいていた。
スタッフの人が真ん中に立って、「足元、マットに注意してください!」と。
何人かのスタッフは、マットを押さえていた。
大変だったろうと思う。
ありがたい。

10kmを過ぎたところで、少しタイムに余裕があったので、スタート直後から行きたかったトイレに行くことに。
仮設トイレに入る。
風が強く、ドアの開閉すら苦労する状態。
何とかドアを閉め、用を足す。
仮設トイレがガタガタと揺れている。
トイレごと飛ばされるんじゃないかと不安になった。

とても残念なことだが、とくしまマラソンでも立ちションランナーをたくさん見た。
寒かったせいか、いつもより多かった気がする。
仮設トイレの順番を待てず、すぐそばでするケースも。

いつも思うことだが、自分が近くに住んでたらどう思うんだろう。
自分の家の前でされても平気な人たちなのかな?
同じ男として、ものすごく残念。

なくせるなら、厳しいペナルティを儲けてもいいんじゃないか。
発見した場合は、名前公表。
個人情報を、各マラソン事務局共通でブラックリスト化して、以降のエントリーはさせないとか。
個人的には、それぐらいしてもいいと思う。
以降、立ちションをしたレースにはエントリーさせないだけでも、結構な抑止力になると思うんだけどね。

風は強いが、雨の量はそれほどでもない。
でも、前日から降っていることもあって水たまりが多い。
みんなが水たまりのないところを選んで走っているので、抜こうとすると水たまりを走るしかない。
何度も水たまりに足を突っ込み、シューズの中はぐしょぐしょ。
それでも、追い風に押されて順調に駆ける。

15km。
あらかじめ決めていた、ショッツの補給ポイント。
しかし、カッパを着ているので、取り出すのが面倒だと感じてしまう。
パス。

16km過ぎ。
風向きが変わり始める。
それまで、左斜めうしろからの風だったのが、左、つまり川のほうからの横風が増える。
雨が顔に当たって、少し痛い。
風に飛ばされないように、みんな身体が斜めに傾いている。
余計なことに体力を使わないといけない状態。

強い風が、僕の体力を、気持ちを、体温を奪っていく。
それでも、何とか頑張ろうとした。
応援してくれている人のことを想う。
気合いを入れようと、いろいろしてみる。
前へ。

しかし次第に、1kmの距離を長く感じるようになってくる。

20km手前。
後半は向かい風になるということを思い出す。
ココロが折れそうになる。
ペースがガクっと落ちた。

20kmの通過タイム 1時間44分02秒。
想定ペースより遅れた。

ARES計測なので、ランナーズアップデートとは当然のようにずれてますが、20kmまでのラップを。
LAP20120422#1

結果は既にお伝えしているとおり。
残り22.195kmに、3時間近くかかっちゃうんですね…。

今夜はここまで。
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/364-15c542e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。