2012-04-27 00:00 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

とくしまマラソンバブルも、そろそろ終わり(笑)
アクセス数も、応援クリック数も落ち着いてきました。
普段どおりになってきた感じ。
ま、こんなもんでしょう。


今日は朝から、ツイッターで不愉快なツイート(つぶやき)を目にして、すごく気分が悪かったんですよね。
あまり具体的には書けませんが…。

僕の感性では、「不適切な表現」にあたるもの。
別に差別用語でも、放送禁止用語でもないんですが、見ていて気持ちいいものではなく。
口が悪いのは結構なんですが、ブログにしてもSNSにしても、不特定多数の目に触れるということを意識してやって欲しいんですよね。

僕も完璧にできてるとは言いませんし、知らずに誰かを不快な気持ちにさせてるかも知れないんですが、常に気をつけているつもりです。
今朝、見たのは、気をつけてればそんな表現しないだろ、というものでした。

最近は、SNS人口が一気に増えたこともあって、不特定多数に見られるという意識が希薄な方が多いと感じます。
それは、ひとつ間違えば自分が攻撃される対象になるということでもあると思うんですよね。

僕は黙ってその人をフォローするのをやめましたが、いきなり攻撃してくるような人もいるので、気をつけるに越したことはないと思います。
悪気なくやってるのは判るんですけど。

おじさんからの忠告でした。
きっとあの人には届かないと思うけど。



さて、とくしまマラソンのレースレポ、4日目です。

今日も、地図データを載せておきます。
MAP20120422.jpg

現在位置は、20km地点。
ペースが落ち始めたところです。

では、どうぞ。

一度ペースが落ちると、元に戻すのは難しい。
でもとにかく、高橋尚子さんのいるところまで頑張ろうと思う。

スタート前、中間地点付近でハイタッチしてくれると話していた高橋尚子さん。
淀川市民マラソン、奈良マラソンに続き、3度目のハイタッチになる。
どのレースでもサービス精神旺盛で。ランナーを楽しませてくれる。
彼女のような人が、今のマラソンブームを支えてくれているんだと思う。
走るようになる前は、何の感情も持っていなかったが、今では彼女の大ファンだ。

しかし、中間点を過ぎても高橋尚子さんの姿はなし。
どこにいるんだろう…。

24km付近。
再び吉野川を渡る。
西条大橋。
やはり橋の上は風が強い。
真正面から、暴風を受けることになる。

いやいや、走れないって、これ。
ものすごい風に笑ってしまう。
その場で足踏みしてるような感じ。
歩いたり、走ったりで、何とか渡る。

左折して、吉野川の右岸へ。
今度は川の流れに沿って、海のほうへと走る。
橋を渡りきったところには、たくさんの応援の人が。
天気が良ければ、もっとすごい応援を体験できるんだろうね。
ぜひ、体験してみたいと思う。

橋を渡ってすぐ、高橋尚子さんがいた。
言葉をかけてもらって、ハイタッチ。
少し元気が出る。
しかし、元気で何とかなるような状況ではなく…。

ここからは、向い風との闘い。
右斜め前から吹きつける突風。
そして、ときどきものすごい暴風が吹く。
キャップも飛ばされそう。
遠くですごい音がしているので見ると、ビニールハウスのビニールが、風にはためいていた。
あれが飛んできたら、相当危ないな、と感じる。

走り続けることができない。
歩いたり、走ったり。

走り続けていないので、カッパを着ていても寒い。
あー、これマズいな…。
ガッキーさんが、篠山マラソンで低体温症になったことを思い出す。

実際、低体温症になっているランナーも多かった。
救護所で貰ったのか、アルミのシートを身体に巻いて走る人も。
そこまでしてフィニッシュを目指すのか。

もうやめようか。
DNFが、頭をかすめる。
今まで、どんなに苦しいレースでも、途中でやめたいと思ったことはなかった。
でも、このレースはもういいんじゃないか?
これ以上続けるのは、危険かも知れない。

完走とDNFの間で何度も揺れた。
揺れながらも、脚はフィニッシュを目指す。

30kmの通過タイム 2時間58分24秒。
この10kmに、1時間14分。

歩きが入ってることもあって、1kmがものすごく長い。
もうタイムはどうでもいいので、エイドでいろいろ食べた。
バナナ、パン、イチゴ、はちみつレモン、氷砂糖…。
はちみつをかけた輪切りのレモン、めちゃくちゃ美味しくて、皮ごといただく^^

結局、ポーチに入っていた補給食は全く摂らず。
余計な荷物を持って走っただけ(苦笑)

32kmからの2kmは、完全に歩いてしまう。
もう、走る気になれない。
強い向かい風の中、とぼとぼと歩く。

34km付近。
時計を見て、このペースでは5時間以上かかるかも、と思う。
打ち上げは、スタートから5時間半後の14時半スタート予定。
間に合わなくなる。
歩き混じりだが、再び走り始めた。

このあたりで、高橋尚子さん再び。
2度目のハイタッチ。
また少し、元気をもらう。

歩いたり走ったりしながら、少しずつフィニッシュに近づく。
気持ちは完全に切れていたので、走れたのは意地だけかな。

40kmの通過タイム 4時間24分35秒。
4時間半に届かなくなる。

そしてコースは、ようやく吉野川沿いを離れ、市街地へ。

41km。
せめて最後ぐらい、走って終わろうと思う。
もう、フィニッシュまで歩かない、止まらない。
ゆっくりでいいから走ろう。

歩いているランナーが多く、最後にかなり抜いた。
沿道の応援に、「ありがとう!」と応える。
そしていよいよ、フィニッシュ会場の徳島市陸上競技場へ。
フィニッシュラインが見える。
あと少し。

スタート前の挨拶で、高橋尚子さんに「笑顔でゴールしてください」と言われたが、とてもそんな気分にはなれなかった。
淡々とフィニッシュラインを越え、時計を止めた。

グロス 4時間38分39秒
ネット 4時間37分46秒

振り返り、帽子を取って、コースに頭を下げる。
いつもフルマラソンを走ったあとに味わう感動はなかった。
完走できた安堵感と、もう走らなくていいんだという気持ち。
タイムは酷いが、応援してくれたみんなに報告できる、最低限のラインはクリアできたかな、と思う。

とにかく寒くて、早く着替えたかった。

20kmからフィニッシュまでのラップです。
LAP20120422#2

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回、とくしまマラソンレポ最終回です。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/365-e78cfde7