2012-04-28 00:43 | カテゴリ:とくしまマラソン2012
こんばんは。おっとーです。

とくしまマラソン後の休養期間を終えて、今夜からラン再開しました。
昼間は暑かったんですが、夜になって涼しくなった中、ゆっくり10kmを目処に。

どうしても、徐々にスピードが上がってしまうので、身体がしんどくないスピードを意識しました。

とくしまマラソンは、後半走れてませんからね。
筋肉痛もほとんど出なかったんですよ。
今夜も普通に走れました(笑)

やっぱり、走るって気持ち良いですね^^

本日のRUN 10.7km 56分31秒
         5分16秒/km 11.4km/h 消費675kcal

ラップはコチラ。
LAP20120427.jpg

元々、今夜から走ることは決めてたんですが、実は今日、帰りに我慢できなくなって、コレを喰っちゃいまして…。
わさびタルタル1
わさびタルタル2

マクドのチキンタツタ、わさびタルタルです。

僕は正直、マクドを旨いと思わないんですが、チキンタツタは好きなんですよね。
そして気になっていたわさびタルタルは…。

これを考えたヒト偉いっ!
めちゃくちゃ旨かったです。

辛いもん好きの僕としては、もっとわさびが利いててもいいかなと。
でも、チキンタツタとの相性は抜群でした。
期間限定なので、気になる方はお早めに^^

ちがうちがう。

コイツのカロリーを消費したかったので、走りたかったんですよ(笑)



さて、5日間に渡ってお送りしてきた、とくしまマラソンレポも、今夜が最終回。
ずっとお付き合いくださったみなさん、本当にありがとうございました。

昨夜の記事で、フィニッシュしたので、今夜はその後のことを少し。

では、どうぞ。

フィニッシュ後、完走メダルをもらう。
ケースに入った状態でもらうのは初めて。
雨が降っていたからか、いつもそうなのか。
特に初フルの人とか、かけてあげたほうが喜ぶと思うんだけど。

その後、記録証の発行へ。
雨なので、ビニール袋に入れてくれるのだが、強風で雨は横向きに降ってるし、手も濡れてるし、あまり役に立たない。

荷物を受け取って、着替えるために移動。
室内の男子更衣室があったらしいのだが、気づかず。
プールの近くにあった男子の更衣スペースに行ってみたが、すし詰め状態。
プールサイドで着替えている人も多かったので、僕もスペースを確保した。

屋根はある。
でも、しつこいようだが、雨は横向きに降っている。
濡れずに済むようなところはない。
強い風が、容赦なく体温を奪っていく。

ガタガタと震えながら、まずはゆるりんさんにメール。
14時半からの打ち上げに遅れそうだったので、「先に行っててください」と書いて送信。

続いて、ブログの速報記事を上げる。
遅くなったので、心配かけてるだろうなと思う。
寒くて震えが止まらない。

早く着替えないとヤバい感じがして、ようやく着替え始める。
ツイッターは放置だったが、ブログ更新のツイートは自動で上がってるはずなので、後回しにさせてもらった。

周りで着替えているランナーも、みんな震えていた。
油断すると、風でいろんなものが飛んでいく。
着替えるそばから、服が濡れていく。
どうしようもない。
座り込んで着替えたかったが、地面が濡れているので無理。
立ったまま、何とか着替え終えた。

傘は役に立たないので、走るときに着ていたカッパを再び羽織る。
これも濡れているが、何もないよりはまし。

iPhoneを確認すると、早くもブログへのコメントやメールが多数。
いつもながら、ホントに嬉しい。
ありがとう!

徳島駅まで運んでくれるシャトルバス乗り場へ。
少し列に並んでバスを待つ。
寒い。

徳島駅に着き、荷物を預けたコインロッカーへ。
荷物を出して、走りながら気づいたことを確認。
「前日編」の写真で被ってた帽子を、ホテルに忘れてきたんじゃないかと。
やはりない。

一度出した荷物と、マラソンで預けていた荷物を再びコインロッカーへ。
ホテルに電話して、帽子のことを確認。
あった。
暖かい缶コーヒーを買い、飲みながらホテルに取りに行く。
ようやく身体の震えが止まった。

打ち上げの店に向かおうとすると、ゆるりんさんからメールが。
「そろそろ注文してはじめてますね」

これはホントに申し訳ないことをした。
先に始めてくれてると思い込んでいて、連絡するという発想すらなかった。
初めてお会いした方もいたのに、お待たせして申し訳ありませんでした。

約10分後。
打ち上げのお店に到着。
ゆるりんさん、ぺこ@さん、はじめましてのかかしさんに、かかしさんのお知り合いのBさん。
何とBさんは、とくしまマラソンでPB更新!
すごすぎる。
そんな5人での打ち上げ。

地元のおふたりは、車のためお茶。
遠征組の3人だけが、遠慮なく飲ませていただいた。

高知の郷土料理、皿鉢(さわち)料理をいただきながら、同じレースを走ったランナー同士、話がはずむ。
皿鉢料理

肉よりも魚介が好きな僕には嬉しい料理^^
ゆるりんさんセレクトに感謝!

バスで帰るので、隣に座る知らない人の迷惑にならないように、僕は生ビール2杯とハイボール1杯にセーブ。
え?
充分呑んでる?^^;

話は尽きなかったが、ゆるりんさん、ぺこ@さんが17時発のバスだったのでお開き。
バス乗り場に行くと、既に改札が始まっていた。

僕はコインロッカーに荷物を取りに行くため、ここでお別れ。
20分のバスだったので、見送っても間に合ったはず。
この時点で、次におふたりに会う予定がなかったので、あっさり手を振って別れてしまったことを、あとから後悔した。

トイレを済ませ、荷物を受け取った僕は、予定どおりのバスに。
徳島を後にした。

波乱万丈の初遠征。
これにて終了。

レポは以上です。
おつきあいいただき、ありがとうございました。

ここからは、少し振り返り。

今回のとくしまマラソン、出場したことが良かったのかという思いがある。
いい経験をさせてもらったし、出たことを後悔はしてないんですけど。

僕は市民ランナー。
あくまでも趣味で走っている。
結果的には何もなかったが、いくつかの危険が想定されたレースであったことは確か。
前日に「僕が主催者なら中止する」と言ったのは、そのあたりも考慮してのこと。
もし、強風が原因で大怪我していたら、そう思うと、出るべきではなかったのではないかと思う。
最悪のケースも想定できた訳で、そう考えると恐ろしい。

今回は、徳島が局地的に荒れた天気だった。
遠征だったので、暴風雨の中を走ったことを、僕が帰るまで家族は知らなかった。
何かを言われた訳ではないのだが、これが地元のレースなら、きっと止められてたと思う。
無理に出たら、フィニッシュまで家族は気が気じゃないだろう。
逆の立場なら、僕は走らせない。

趣味のはずのマラソン。
家族にそこまで心配かけてまでやることなのか?
レースが終わって、冷静になって考えると、違う気がする。
当日の朝、DNSしようかと悩んだのは、無意識にそこまで考えていたのかも知れない。

ここにお金が絡むから、またややこしくなるんだけどね。

おそらく、あんな経験は二度とないだろう。
でも、次にあればDNSしようと思う。
それが、大人の判断じゃないかな。

この意見に対して、賛否両論あることは解ります。
でも、僕はもう、あんなレースには出ません。

それでも、あんな中で、とくしまマラソンが素晴らしいレースであったことは確か。
スタッフ、ボランティア、沿道の応援。
みなさんに、ものすごく支えていただいたレースでした。
これが良い天気なら、どれほど素晴らしくなるんだろう。
それを確かめるため、また徳島に行きたい。
そう思っています。

ランナーを含め、今年のとくしまマラソンに関わった全ての方に、心から、ありがとう。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(14) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/366-d21dfa33