2012-05-28 00:46 | カテゴリ:京都里山トレイル2012春
こんばんは。おっとーです。

今日はいろいろ書くことがあります。

まず、何度かお知らせしている奈良マラソンですが、日付変わって今日、26日の午前9時からエントリー開始です。
僕は休みを取ってるので、朝から自宅PC前待機です(笑)
先着順なので、頑張れば出場できます。
奈良でお待ちしています。
ぜひ、お越しください^^


続いて神戸マラソン2012。
僕が遊び回ってる間に、エントリー者数が発表になっていました。
相変わらず、「神戸マラソン 倍率」での検索が多いので、これも載せておきますね。

まずはエントリー数。
フルマラソンは、個人・グループ合計で、75,173人(昨年比 +9,239人)。
クォーターは、8,426人(昨年比 -3,061人)。

フルマラソンの定員は、18,000人。
クォーターの定員は、2,000人。

倍率は、フルマラソンが約4.18倍(昨年比 +0.52倍)。
クォーターが約4.21倍(昨年比 -1.53倍)となります。

フルマラソンの倍率、4倍超えたか…。
ちょっと厳しいですね。

発表は6月末。
当たりますように…。


もうひとつ。
レースの翌日でどうしようかと思ったんですが、山とは言え10km足らず。
ということで、走ることにしました。

昼間は暑かったですね。
京都では30度を超えたとか…。

昼に走ると体力消耗するので、夜になってから走りました。
軽く10kmぐらい?とも思ったんですが、久しぶりにLSDすることに。

LSDなら、最低でも150分は走りたいと思ってるんですが、腰痛から復帰して間もないので、今夜は120分目処にしました。

夜になると涼しくなりますね。
かなり走りやすかったです。
近くの河川敷コース。
1周1.88kmとココロ折れるんですが、信号もないし車も来ないし、夜にゆっくり走るにはいいところなんですよね。
今日は昼間暑かったからか、夜に走ってるランナーをたくさん見ました。

家からの往復も含めて、約120分です。

本日のRUN 18.5km 2時間00分29秒
         6分30秒/km 9.2km/h

SUUNTO Ambitの記録サイトでは、長い距離になるとラップが1画面に収まらないんですよね。
今後、公開するかどうか、ちょっと考えます。
とりあえず、今夜はなしで。



さて、相変わらず前置きが長いんですが…(苦笑)

今日から、京都里山トレイルランの詳細レポを書きます。
そんなに長く書くつもりはないんですが、長いことで有名な僕のレポ(笑)
どれぐらいになるか、見当がつきません。
とりあえず、始めてみますね。

レース開始は午後から。
朝は薄曇りだったが、晴れる予報。
前日に呑みすぎたせいか、お腹を壊している。

ある程度の準備は終わらせていたので、最終確認をして、9時すぎに家を出る。
近くて遠い奈良と京都。
乗換案内で検索すると、2時間以上かかるらしい。
しかも、奈良と京都は接しているのに、僕の家から会場までは、大阪経由で行くほうが早い。
途中、早めの昼食を摂っておきたかったので、少し早めに出発。

わざわざ応援に来てくれるという井出浩一さんに、到着予定時刻をメール。

JRで大阪駅へ。
阪急電車に乗り換え、梅田から西院まで。
西院で早めの昼食。
そして西院からは、嵐電(らんでん・京福電鉄)に乗車。
途中、路面電車になる区間がある、いわゆるチンチン電車。
なかなかに趣がある。
のんびりと会場に向かう。
嵐電

会場の最寄は、御室仁和寺(おむろにんなじ)駅。
どうです。
この風情ある駅。
御室仁和寺駅

会場は、仁和寺境内にある広場。
仁和寺は、京都マラソンのときにお坊さんが応援したことがニュースになってましたね^^
仁和寺

この、門の前の道が京都マラソンのコースです。

門をくぐって境内に入ると…。
案内

手作り感満載です^^

矢印のほうを見ると、そこに受付がありました。
地図とナンバーカードを貰ったんですが、ナンバーカードが紙なんですよ(笑)
手書きで番号が書いてある。

紙って…。
汗で破れたり、ナンバーが消えたりしないの?
かなり不安になりながら、ナンバーカードを装着。

受付が終わってすぐ、井出さんとも無事に合流。
朝から走ってたそうで、バックパックも背負ってたけど、出場しないという(笑)

長くなってるので、今夜はこのへんで。
やっぱり走り出せなかったか(苦笑)

つづく。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ

引き続き、金魚すくい選手権への参加者を募集しています。
参加費は無料。
ご家族での参加も歓迎です。
現在の参加者は3名。
詳細はコチラ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(10) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/396-5b590de1