-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-06-20 00:00 | カテゴリ:RUN
こんばんは。おっとーです。

日付変わって、今日20日は、久しぶりにがっつりトレランの予定。

なのに、まだ何も用意ができていません(汗)

何がどこにあるか?からなんだけど、間に合うんだろうか…。

この週末は、上空に強い寒気が流れ込む影響で、大気が不安定になり、全国的に、雷雨に注意が必要とか。
山で雷雨はマジで怖いな…。

週末で走られる方も多いと思いますが、天気急変にはご注意ください。

スマホで雨雲レーダーを確認できる時代。
使えるものは、上手に使って、身を守りましょうね。

僕も充分注意して、いってきます。



さて…。

夜ランの食事問題にはじまり、話が広がっていってます。

次々と話が広がっていくというのは、ブログにとってはとてもいい状態で、ネタに悩まなくていいので、助かってます(笑)

今日は、空腹ランについてです。

昨夜の前記事で、「空腹ランは身体に良くないらしい、なにかで脂肪が燃えやすいと聞いたことがあるけど…」というようなことを書いたところ、ちょーみんさんから、こんなコメントをいただきました。

このコメントを拝見して、僕もようやく思い出しました。
そう、ランナーズで読んだんだった!

ランナーズに書いてたなら、ウソではないんじゃないの?

そう思って、もうちょっと調べてみることに。

まずは僕が行きつけの、整骨院の先生に訊いてみました。
医療知識も豊富にあって、いつも何かと相談に乗ってもらってるので、治療を受けながら雑談程度に。

昨夜の前記事にも書いた、空腹時に運動することで、低血糖になるリスクがあるという点については、全くそのとおりで、かなり危険なことだと言われました。
動けなくなったり、気を失ったりすることもあるそうです。

低血糖になるというのは生命にかかわる可能性もある、とても危険なことですよ」と。

僕は、かなり長い間、平日の空腹夜ランをしてきました。
よく今まで無事だったよなぁ…。

時間がないなら、角砂糖をひとつ口に放り込むとかして、血糖値を上げてから走るようにすること。
万一、走っている途中で低血糖になってしまったときのために、すぐに口に入れられるように、飴を持って走ること。

というようなことを言われました。

補足で、ネットでも調べてみました。

空腹時の運動で脂肪が燃えるというのは、本当のことです。
身体の中のエネルギーがない状態で運動することで、体脂肪をエネルギー源として使うから燃えると。

ただ、空腹時の激しい運動は、低血糖による貧血や、酷いときには心臓麻痺を起こすこともあるので、ウォーキング程度の軽い運動にすること、とありました。

この「程度の低い運動」というのは、人によって違うと思います。
普段から走っているなら、ジョグ程度なら軽い運動と言えるのかもしれません。

ただ、空腹で運動することには、大きなリスクを伴うということは、知っておいたほうが良さそうです。

空腹で走ると痩せるらしいからと、僕も安易な気持ちで空腹ランしていましたが、鵜呑みにせず、自分で調べてみることも必要でしたね。

空腹ランしている方が、この記事をきっかけに、少しでも考えてくださるといいと思います。

痩せたいけど、生命のほうが大事だよね。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/489-16ed029d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。