-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-08-09 22:08 | カテゴリ:読書
こんばんは。おっとーです。

何日か前に、「ブログへのモチベーション低下中です」と書いた割には、ほぼ毎日、更新してますね(笑)

ま、書くことがあるときは、こんなもんです。

しかし暑いですね。
この暑い中、毎日、部活(バレーボール)を頑張っている娘はすごいなぁ…。

夏休みに入ってから、まだ休日なしで頑張っています。

今週、ようやく3日ほどお盆休みがあるようですが、だいぶバテてきてますね。
倒れるようなことにならなければいいんですが…。

練習がキツいのか、成長期なのに3kgほど痩せたそう。
筋肉がついているはずなので、脂肪はもっと落ちてるんでしょうね。

僕も少しは見習わないとなぁ…。



さて…。

今夜は、自己満足(笑)の読書ネタです。

読んで後悔しない本だけを紹介しているつもりですが、最近は本を読む人が減ってるからなぁ…。

まぁ、いいです。
自己満足と、自分の記録用ということで。

今夜、ご紹介するのは、森博嗣先生の「ヴォイド・シェイパ」シリーズ。





順番に、
「ヴォイド・シェイパ」
「ブラッド・スクーパ」
「スカル・ブレーカ」
「フォグ・ハイダ」
「マインド・クァンチャ」
です。

【以下、多少のネタバレあります。ご注意を】

幼い頃から、剣の師と山で暮らしていた若者、ゼン。
師の死をきっかけに、山を下り、里に出て、旅をすることに。

両親の記憶もなく、自分の年齢も知らないゼン。
旅をしながら、いろんな人と出逢い、成長していく。

人と仲良くなることで成長し、人と斬りあうことで成長する。

生きるということ、剣の道、ゼンは何者なのか?


森博嗣先生の本は、いろいろ読んでますが、これが最高傑作なんじゃないかと、読み終えて思っています。

斬りあいのシーンの描写の美しさ。

ゼンが考えるシーンの面白さ。

剣のことについて考えているように書かれていますが、いろんなことに通じることだと感じました。
走ることにも。

これは娘にも勧めたいし、自分自身でも何度か再読したいと思う作品です。

この「ヴォイド・シェイパ」シリーズ。
現在、出ているのはこの5冊なんですが、次を書くかどうかは、作者の森先生も決めていないとのこと。
これで完結になったとしても違和感ない感じではあるんですが、僕としては、ぜひ、続きを読みたいと思っています。

普段、本を読む方にも、読まない方にも、読んでいただきたい作品です。
気になる方は、ぜひ。

では、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
【ジャンル】:小説・文学 【テーマ】:本の紹介
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/535-41172d6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。