-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-12-25 00:00 | カテゴリ:奈良マラソン2015
こんばんは。おっとーです。

奈良マラソンのレポを書くのに忙しくて気づいてませんでしたが、来年の長野マラソンのテーマソングが発表されてますね。
今回も、the Canadian Clubの曲”one way”。
今年のテーマソング”LOAD”は大好きだったんですが、来年のテーマソングも素敵な仕上がり。
早速ダウンロードして、iPhoneに入れました。

過去大会の映像入りのプロモーションビデオもカッコいいので、こちらに貼っておきます。




さて…。

奈良マラソンレポは11回目。
そろそろ飽きてきました?(笑)
あと少しだけ、お付き合いを。

コースマップへのリンクと。
奈良マラソン2015コースマップ

高低図です。
奈良2015高低差
(クリックで拡大します。以下同。)

今夜は決着編。

では、どうぞ。


焼門前交差点を左折すると、少し道幅が狭くなる。
路地というほどではないのだが、それまで広い道を走っていたので、かなり狭くなった感覚。

一時は、かぶっているBUFFが見え隠れするぐらいまで離れていたえーかわさんの姿がはっきり見える。

このあたりで考えていたのは、41kmからの最後の上りでえーかわさんをこっそり抜いて、そのまま逃げ切ること。
あまり早く抜くと、最後までもたない可能性がある。

しかし、えーかわさんを追ってスピードが上がっており、えーかわさんとの差がどんどん縮まる。

えーかわさんはコースの右側。
僕はコースの左側。
40.5km付近で、差はほとんどなくなった。

どうする?
スピードを落として、このまま後ろからいくべきか?
でも、いい感じでスピードに乗っているので、ブレーキをかけるのはもったいない。

ええい!
抜いてしまおう。

ここまで不発だったステルス戦略。
ここで発動しないでどうする!

えーかわさんに気づかれないよう祈りながら、一気にえーかわさんを抜き去った。
再びリードを奪う。

えーかわさんが気づいたか確認したいが、振り向くことで気づかれるかも知れない。
えーかわさんのほうを見たい気持ちを抑え、ただひたすらに前を目指す。
このあたりのラップは、5分/kmを切っていた。

佐保橋を右折して、鴻池陸上競技場に続くやすらぎの道へ。
大歓声に包まれる。

ここは奈良マラソンのコースの中で、僕が一番好きなところ。
例年は泣きそうになるのだが、そんな余裕はなかった。
追ってきているかも知れないえーかわさんから必死で逃げる。

ランナーの多いコース右側を避け、中央付近を駆ける。
疲れ切ったランナーたちを、次々と抜いていった。

41kmからの上り。
めちゃくちゃ苦しい。
心臓が破裂しそうだ。
またもや、呼吸といっしょに声が漏れる。
「ハァ、ハァ、ハァ」
もうやめたい。

でも、後悔したくない。
出し切って負けたら仕方ない。
あと、ほんの少し。
耐えろ!

坂を上り切る直前、35kmすぎのデイリーヤマザキの坂で抜かれたごえもんさんをとらえた。
何か声をかけたが、何と言ったかは覚えていない。
たぶん、意味のないかけ声だったと思う。

これで、Eブロックからいっしょにスタートした3人の中で先頭に立った。
結局、みんなほぼいっしょに帰ってきた。

右折して、陸上競技場の外周道路へ。
競技場の入り口はすぐのはずなのに、ものすごく遠く感じる。
競技場のアナウンスが聞こえる。

ようやく見えてきた入り口。
競技場に飛び込む。
フィニッシュラインまでは半周ほどだ。

競技場に入って、はじめて後ろを確認した。
右側、いない。
左側、いない。
でも、死角に入ってるのかも。
最後まで気を抜くな!

アゴが上がる。
口があく。
めちゃくちゃしんどい。
nara2015_競技場
(c)allsports.jp

迎えにきてくれていた有森裕子さんをスルーして、フィニッシュラインを目指す。

そして、ようやくフィニッシュラインを越えた。
nara2015_finish.jpg
(c)allsports.jp

周りを見回す。
えーかわさんはいない。
振り返る。
えーかわさんはいない。
勝ったか?

いつものように、コースに一礼。

「っしゃあぁぁぁーっ!!」
思わず吠えた。
ガッツポーズしてた。

フィニッシュライン付近に立ち止まってると怒られるので、ゆっくり進む。
ときどき振り返って、えーかわさんを探した。

やがて、フィニッシュしたえーかわさんを見つけた。

えーかわさんとの差。
奈良2015えーかわvsおっとーFinish
(ネットタイムでの比較。)

36秒差で、なんとか勝てた。

ちなみに、同じEブロックのごえもんさんのネットタイムは、4時間17分42秒
いっしょにスタートした3人が1分以内にフィニッシュするという奇跡。
スタート前に冗談で言っていたことが、現実になった。
手は繋いでないけど(笑)

EPSONで取ったラップタイム(号砲、Eブロック基準なので、正式タイム・距離とはずれてます)。
奈良2015LAP41tofinish

Finishの正式タイム。
奈良2015timefinish

えーかわさんに訊いてみると、僕を抜いたことにも、抜き返されたことにも気づいてなかったらしい。
ずっと不発だったステルス戦略。
最後の最後に爆発した。

えーかわさんに勝てたのは、いろんな幸運が重なってのこと。
僕の走力が、えーかわさんを上回ったとは思わない。
走力だけで決まらないのが、マラソンの面白いところでも、むつかしいところでもあると思う。

僕の挑戦を受けてくれたえーかわさん。
図らずも見届け人となったごえもんさん。
応援してくださったみなさん。
ありがとうございました。

苦しかったけど、とても楽しいレースになりました。
深く感謝します。


あと1回だけ奈良マラソンのことを書いて、レポを終わりにしようと思ってます。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/660-d618dba6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。