-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-01-27 00:00 | カテゴリ:RUN
こんばんは。おっとーです。

今日、はたと気づいてしまったことがひとつ。

ローラさんと張り合って食べ続けてたらあかん(笑)

ローラさんは毎週ロングしてて、ちゃんとカロリー消費してるけど、僕は全然走ってない。
同じように食べてたら、えらいことになる(←気づくの遅いw)。

ちょっと抑えないと…。

まぁ、2,3日したら忘れる気がしますが(苦笑)


今日は帰宅すると手袋が届いていました。
あ、ラン用じゃなくて普段用のスマホ対応手袋ね。
そう、失くしたと思って慌てて買ったやつです。
EVLOG手袋

左が失くしたと思ったら出てきたやつ。
右が新しく買った色違い。

もうすぐ50に手が届こうかというのに、かわいらしすぎますね(苦笑)

でもこれ、肌触りもつけ心地も良くてお気に入りです。



さて…。

何回かかけてEPSONの結露ネタを書いてきました。
最初は1回のつもりだったので、いただいたコメントなんかで広がって、何回か書けたのはラッキー(笑)
ネタ不足の折、助かりました。

で、結露問題であれこれ調べてた中で、しばらく疑問に思っていたことが解決したので、今夜はその件について少し。
えーかわさんとも、書くって約束したしね。

とは言え、えーかわさんにはLINEで話したときに報告済なので、この記事は必要ないのか(笑)

疑問の発端は、えーかわさんが奈良マラソン前に書かれたこの記事

この中の【前日すること】にある「時計の履歴消す」を見て、僕の頭の中は「?」だらけに。
時計の履歴消す?
なんで?

このころ、僕はSF-810を使い始めてすぐ。
EPSONのGPSウォッチは初めてで、まだあまり慣れてなかったんですよね。

EPSONはデータを手動で消さないといけないの?
それとも別の理由?

前日受付でお会いする予定だったので、そのときに訊こうと頭の中にメモ。

で、前日受付当日。
えーかわさんに訊いてみると、「いっぱいになって、レースのデータが取れなくなったら困るから」との返事。
確か、昔の機種は、手動で消さないといけなかったとおっしゃってたんじゃなかったかな?
このあたり、記憶が曖昧ですが。

僕が過去に使ってきたGPSウォッチは、手動でデータを消さないといけないようなものはありませんでした。

ARES GPSは、データをアップロードしたら時計のデータは消える仕組みだったと思うし、SUUNTOのAmbitは、古いデータから上書きしてくれる仕組みだったと思います。

今どき、手動で消さないといけないような仕組みになってるかな?
上書きしてくれるんじゃない?

なんて話をしていて、一度マニュアルを調べてみて、載ってなかったらサポートに訊きましょうということで、その日の話は終わったんですが、その後、調べることをすっかり失念していました。

今回、結露の件でいろいろ調べていたときに、SF-810のクイックガイドに、こんな記述を発見。

<以下、SF-810クイックガイドより引用>

14.本体仕様
(中略)
メモリー可能時間 約70時間 *
(中略)
*:70時間を超えると古いデータから上書きされます。

<引用ここまで>

SF-810は消さなくても大丈夫そうです。

他の機種はどうなんだろうと、EPSONの公式からマニュアルを見てみました。

SF-310、SF-510、SF-710については、クイックガイドに記述がありません。
なのでユーザーズガイドを確認すると、衝撃の記述が(これ、えーかわさんにも話していない新事実w)。

<以下、SF-310、SF-510、SF-710ユーザーズガイドより引用>

「不要な計測データを削除する」の項。

【重要!】
不要な計測データを削除しても本体メモリーの容量は空きません。
保存しているデータも、本体メモリーの容量がなくなると、新しいデータを記録するために古いデータから順に消去されます。
本体メモリーの容量を空けるためには、本体の初期化をしてください。

<引用ここまで>

上書きしてくれるのはいいとして(これも70時間でした)、計測データを消去してもメモリーの容量は空かない?
えーかわさんがレース前にやってたことって(笑)

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(8) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/691-3297e976
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。