2016-09-07 00:00 | カテゴリ:富士登山部
こんばんは。おっとーです。

すみません。
ちょっとバタバタしていて、ブログを3日もサボってしまいました。
みなさんのブログも拝読はしているんですが、コメントする余裕がありません。
落ち着くまで、ちょっとかかりそうです。
状況によっては、コメントレスが遅れる可能性も…。
しばらく不義理しますが、ご理解いただければと思います。



さて…。

あれこれ忙しいのは忙しいんですが、書いておかないと記憶も薄れてくるので、富士登山レポの4回目です。

今回も、LINEグループの写真を使わせていただきます。
いつもありがとうございます。

今夜は、富士登山開始編。
では、どうぞ。

馬返しの柵を通り抜けて、登山道へ。
かおりんさんによると、この柵は「デブ返し」とも言うらしい…。
ギリギリだったが、なんとか返されずに済んだ(笑)

登りながら、朝食に買ったおにぎりをほおばる。
登りながら食べるのは、結構息が苦しい。

真夜中なので真っ暗だが、proceed2600さんのヘッドランプがめちゃくちゃ明るいうえ、みんなで話をしながら登っているので怖さはなかった。

富士山まで来てるというのに、ポケモンGOの話をしながら登る(苦笑)

午前3時38分。
一合目(標高1520m)に到着。
富士登山#19
暗さのせいで、うまく撮れていませんが、しばしご辛抱を。

登り始めてから5分ほど。
「ずっとこんな調子なら、楽勝なんですけどね」と井出浩一さんが言う。

午前4時02分。
二合目(標高1700m)に到着。
富士登山#20

しんどい感じは全然なくて、楽しく気持ちよく登れている。
一合目から二合目も、あっという間に感じた。

午前4時20分。
三合目(標高1840m)に到着。
富士登山#21

まだまだ平気。
水分摂取を心がけながら登る。

午前4時40分。
四合五勺(標高1870m)。
富士登山#22

四合五勺をすぎたあたりから、少しずつ明るくなってくる。
五合目を目指す途中、木の陰だが左側に朝焼けが見えた。
「朝焼けって、天気が悪くなるんですよね」とプロさん。
となると、予報どおりか。

ランスマで見たことがあるような気がする、こんなところを通って。
富士登山#23

少しだけ、舗装路を歩く。
富士登山#24
かおりんさんは「走る」って書いてたけど、決して走っていない(笑)

午前5時30分。
五合目佐藤小屋に到着。
富士登山#25

佐藤小屋に宿泊していたと思われる方から、「この時間にここにいるってことは、かなり早い時間に出てきた?」と訊かれ、「3時半です」と答える。
「まさか日帰り?」と訊かれて、「そうです」と答えたら驚かれた(笑)

佐藤小屋に着いた頃には、すっかり明るくなっていて、天気もよかったので、頂上方面がめちゃくちゃきれいに見えた。
富士登山#26

何度か登っているプロさんでも、ここまできれいなのは初めてとのこと。
もしかして、天気もつんじゃないの?と、甘い考えが頭をかすめた。

プロさんに撮っていただいた、まだまだ元気な五合目の3人。
富士登山#27
かおりんさん、「おひかえなすって」やめなさい(笑)

五合目まで、約2時間。
ここまでは順調。
少し休憩してから、再び頂上を目指す。

今夜はここまで。
もう、白山白川郷までに終わるのは絶望的だ(苦笑)

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(6) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/891-2b1b1376