2016-11-16 00:00 | カテゴリ:RUN
こんばんは。おっとーです。

今日の前置きは、ずっと書こうと思っていたビジネスマナーの話。

他の職場のことは知らないので、スタンダードなマナーなのかはわかりませんが、ここ数年、僕の職場ではこんなことがあります。
昔はなかったので、最近できたのかも。

エレベータで、目上の人が操作パネルのところで「開」ボタンを押していたら、あとから乗ってきた若い人が「代わります」と言って操作パネルの前に立ち、「開」ボタンを押すのを代わるというもの。

ここまで通じてるよね?

でもこれ、僕の気が短いせいかも知れませんが、ちょっとどうなの?と思うことがあります。

【パターン1:朝の満員のエレベータ】
出勤時間帯の満員のエレベータで、先に乗った僕が「開」ボタンを押してるとき、最後のほうに乗ってきた若い人が、「代わります」と言って、無理矢理僕と操作パネルの間に入ってくるケース。
エレベータ内は、すでにかなりの人が乗っているので、僕の真うしろにも人がいて、僕は下がることもできない状態。
結果、めちゃくちゃ窮屈な状態でいないといけなくなるというもの。
目上の人をそんな状態にしてまで代わる必要あるの?

【パターン2:ガラガラのエレベータ】
僕しか乗っていないエレベータが、目的階に着くまでに止まって、誰かが乗ってくるケース。
僕の職場のエレベータは、扉の両側に操作パネルがついているのだが、僕に向かって「代わります」と言って、僕をのけさせようとするもの。
これ、もうひとつの操作パネルのほうに行けばいいだけのことじゃないの?

どちらのケースも、「もうちょっと状況を読めよ」と思うんですが、僕の感覚がおかしいのかなぁ。
こういうことをする人って、たぶん運転も下手だと思うんですけど…。

すみません。
ただの愚痴でした(笑)


今日の夜ごはん。

最近は走ってないし、夜の外食を極力抑えているんですが、土曜日に大垣で山ちゃんが食べていたお蕎麦がめちゃくちゃ美味しそうで、どうしてもお蕎麦を食べたくなったので、今夜は久しぶりの外食。
かきそば食べてきました。
かきそば

牡蠣が美味しい、いい季節がやってきましたね。



さて…。

誰も待っていない富士山レポの続きがほったらかしですが、先に書いておきたかったことを。
次回は富士山レポの続きを書きます。
たぶんね…。

何人かの方には、お会いしたときとかにお話ししてることなんですが、マラソンとの向き合い方を考えるタイミングなのかなと思っています。

2012年の篠山マラソンでサブフォー達成して、その後から腰痛に苦しんでいる日々。
二度目のサブフォーを目指すと言い続けてきましたが、ちょっと厳しいんじゃないかと。

タイムを追い求めたいという気持ちがあるから、腰の状態が少しよくなったら練習して、結果、また腰が痛くなるという悪循環。
タイムを追い求めてる限り、この腰痛は治らないんじゃないかと思うようになりました。

年齢的なものもあるので、タイムを追わなくても治らないかも知れないんですけど。

走ることはやめたくないけど、タイムを追わないとなると、何か新しい楽しみが欲しい。

そこで考えたのが、ウルトラを走ること。
100kmはとても無理だけど、50km前後ならいけるんじゃないか?
そう考えて、実験のつもりで白山白川郷の50kmを走ってみました。

そしたら、めちゃくちゃ楽しかったんですよね。
これは充分アリだな。
そう思いました。

なので、奥熊野の65kmにもエントリー。
たぶん、1年前の僕なら見向きもしなかったと思います。

ハーフやフルも走るけど、もうタイムは追いません。
ウルトラの練習、ロング走のつもりで、エイドを満喫しながらファンランします。
僕の場合、遠征を楽しむというのもあるしね。

いつか腰の状態がよくなったら、またタイムを追いたくなるかも知れないけど、それまでは、しばらくタイムのことを忘れてみます。
そうすれば腰痛が治ったりするんじゃないかという色気があることは否定しませんけど(笑)

ま、こんな感じで。
本人は別に落ち込んだりしてないので、お気遣いなく。

で、誰か奥熊野行かない?(笑)

公式HPによると…。
100kmは、すでに締切。
88kmは、あと2名。
65kmは、あと39名。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:マラソン
コメント(12) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/910-64362f2e