2016-11-22 00:00 | カテゴリ:富士登山部
こんばんは。おっとーです。

週末、神戸やつくばなど、レースだったみなさん、お疲れさまでした。
僕は腰痛のため、応援にも行かず家にいましたが、LINEグループやブログの速報など、拝見させていただきました。
暑い中でのみなさんの頑張りに、たくさん刺激をいただきましたよ。


この週末に食べたおやつ。
和風パイシュー

ローソンのUchi Cafe SWEETS。
あん&ホイップの和風パイシュー。

これ、個人的にはめちゃくちゃ好きです。
ホイップクリームとつぶあんの相性がサイコー。
気になる方は、ぜひ食べてみてください。
僕はきっとリピすると思います。


ところで、ここで何度か壺を売っている奥熊野いだ天ウルトラマラソンですが、定員まで残りわずかになっているようです。
100kmと88kmは、すでに締め切り。
残る65kmも、あと14名(11/21現在)。

迷ってる方、急いで!(笑)



さて…。

富士登山レポの9回目。

今回も、LINEグループの写真を使わせていただきます。
いつもありがとうございます。

今夜は、地獄の下山編。

では、どうぞ。

下山開始のとき、proceed2600さんから、こんなことを言われた。
「ほとんどの場合、高山病は下りていけば楽になりますよ」と。

この頃には、酸素が薄いことをはっきり自覚していて、頭痛やふらつきの症状も出ていた。
お鉢巡りがあんなに辛かったのは、高山病のせいもあるんだと思う。

プロさんの言葉を励みに、下山道を下りていく。
六合目あたりまでは、登山道と下山道が分かれていることも、はじめて知った。

下山をはじめてすぐ、再び雨が激しくなってきた。
足元が滑って、何度も転倒しそうになる。

やがて聞こえてきた雷鳴。
山の雷って、確か危なかったんじゃなかったか…。

普通、登りよりも下りのほうが早く感じるものだと思うが、富士山に関して言えば、下りのほうが長く感じた。
今思うと、登りとお鉢巡りで体力を使い果たしていたのかも知れない。

下りても下りても富士山。
雨もあって、代わり映えしない景色に飽きてくる。
下りの衝撃が、徐々に腰に溜まる。

八合目あたりだったか、つづら折りの下山道を大きく右にカーブするところで、右脚のつけ根から「ブチッ」という音が聞こえた。

あーあ、やってしまった。
軽い肉離れを起こしたっぽい。
痛みもそこそこある。

この肉離れで、踏ん張りがきかなくなった。
何度も足を滑らせて転倒。
それがまた、僕の体力を奪っていく。

雨は激しさを増し、下山道には、ちょっとした土石流のような流れ。
富士登山#45

このあたりは、本当に怖かった。

14時50分。
ようやく六合目まで下りてきた。

僕の腰と肉離れを心配したプロさんから「おっとーさん、ここから先、トレイルになるけど大丈夫?」と訊かれる。
でも、行くしかない。
誰かが迎えにきてくれる訳でもないんだから。
そう思い「大丈夫です。行きましょう」と答える。

あとで知ったのだが、プロさんとかおりんさんで、五合目からバスで下りて、車を停めてある馬返しの駐車場までタクシーで行くというようなことも考えてくださっていたらしい。
いろいろご心配おかけしました。
ありがとうございました。

15時12分。
五合目佐藤小屋。
ここでプロさんが、「レインコートの中に雨が入ってきて身体が冷えてきた。身体を動かさないとヤバい感じ」ということで、先に下りていただくことに。
たぶん、僕らのペースに合わせることで、ずいぶん我慢してくださったんだと思う。
ホントに申し訳ありませんでした。

ここからは、かおりんさん、井出浩一さん、僕の3人で、馬返しの駐車場を目指す。

今夜はここまで。
地獄の下山は、まだまだ続く。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(2) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/913-f64fee3e