-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016-11-23 00:00 | カテゴリ:富士登山部
こんばんは。おっとーです。

ここ1週間ぐらい、腰が強烈に痛かったんですが、今日はようやく改善の兆し。
明日はまだ走れないと思いますが、この調子で行けば、週末には少し走れるかも。
奈良マラソンに向けて、ほんの少し希望が見えてきました。

奈良マラソンを走るためにも、明日は安静にすごすようにします。

腰の状態がようやく上向きになったことに気を良くした僕は、今夜も外食。

うーん…。走ってないのに、外食癖がつき始めてるなぁ。
ちょっと抑えないと、間違いなくえらいことになる(苦笑)

今夜いただいたのは…。
トンテキ

厚切りのトンテキ。

え?なんです?
お前ただ単にメシテロしたいだけだろうって?
ええ、そうですよ(笑)


ところで、昨日もご案内した奥熊野いだ天ウルトラマラソンですが、全種目定員に達したようで、今夜公式HPを見ると、締め切りになってました。

昨日の時点では、65kmがあと14名だったんですけどね。
一気に14人も駆け込んだってことなんですよね。
ちょっと驚きました。

昨日の更新で「迷ってる方、急いで!」と書いたことは、さすがに関係ないですよね?



さて…。

富士登山レポの10回目。

今回は写真なしです。

今夜は、無感動のゴール編。

では、どうぞ。

proceed2600さんに先に行ってもらい、3人でトボトボと歩く。
プロさんは、あっと言う間に見えなくなった。
ここまできて、あれだけの体力が残っているのがすごい。

僕はこの時点で、かなり疲れていた。
佐藤小屋のところでは、少し休憩したものの、人が多くて座れなかった。
とにかく腰を下ろしたい。
もう足は限界だった。

プロさんと別れて少しも行かないうちに、「少し休憩しない?」とお願い。
雨に濡れるのも構わず座りこんだ。

かおりんさん井出浩一さんは、立ったままだ。
一番疲弊しているのは僕。
できるだけ迷惑をかけたくないと思うが、気持ちに身体がついてこない。
「下から登りたい」と言ったことを、激しく後悔していた。

少し休んで立ち上がる。
自分の足で馬返しまで行く以外に、帰る方法はない。

登るときは、佐藤小屋まであっと言う間だったのに、とてつもなく長く感じる。
肉離れしたところも腰も痛い。

このあたりになると、足が脳からの命令どおりに動いてくれなくなっていた。
かおりんさんも言ってたけど、足の動きがかくんかくんしてる(←伝わるかな?)。

疲労の蓄積で、バランスもとれなくなってきた。
真っ直ぐ前を見て歩いている分にはまだいいが、身体をねじってうしろの人に話しかけると、ねじったのとは反対側に、横向きに身体が流れてよろけてしまう。

過酷だ!と思う。
ブログ村のイベントや、過去のレースを考えても、一番過酷な体験をしている。
そう話すとかおりんさんは、「私はサロマの次かな」と。
疲れているのは自分だけじゃないと、少し安心する。

三合目あたりだったか、かおりんさんが「あと(標高で)400mぐらい」と言うのを聞いて、「音羽山(京滋トレイルコースの最高地点)ぐらいやね」と言うと、「具体的に想像できるような例え出さない!」と怒られた(笑)

ゆっくりながらも、確実に馬返しに向かって下りていく。
とにかく、早く馬返しに着きたい思いだけだった。

何度か休憩しつつ、ようやく一合目まで下りてきた。
ホントにあと少しのはず。

一番元気だった井出さんが先頭になり、先を見てくれる。
そしてようやく、馬返しが見えたというような合図を送ってくれた。

でも、駆けだせるような元気はない。
引き続きトボトボと歩く。
僕にも馬返しが見えてきた。

最後の馬返しの柵を、3人で手をつないでゴールしたいなと思ったけど、ふたりは先にいるし、大声を出す元気もなく、バラバラに柵を越える。

「もう歩かなくていい」
ただただ、そう思った。
やりきったという充実感とか感動とかはなく、なんとか戻ってこれたことに安堵した。

自分の車を見て、なぜかちょっと泣きそうになる。
でも、決して「感動で」ではない。
何とも言えない安心感か。

先に下りてきていたプロさんが、雨なのに車から降りてきてくれる。

僕にとって初めての富士登山。
井出さんも初めてで、かおりんさんは何度かあるものの、馬返しからは初めて。
経験者のプロさんが、いっしょに登ってくれたおかげで、とても心強かった。
プロさんがいてくれなければ、もっともっと大変だったんだろうなと思う。
プロさんには、いくら感謝しても感謝し足りない。
この場を借りて、改めてお礼を申し上げたい。
本当にありがとうございました。

今夜はここまで。
次回、下山後のことを少し。
たぶん、あと2回です。

では、また。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
【ジャンル】:スポーツ 【テーマ】:登山
コメント(4) | トラックバック(0)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://otto0107.blog.fc2.com/tb.php/914-7728ddf4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。